ドイツの硬水対策!~髪の痛みや肌の乾燥にもう悩まない~

硬水

 

ドイツに限らず、海外への移住を考えたとき、やっぱり気になるのが【水事情】だと思います。

ドイツの硬水は日本人の髪や肌へ想像以上のダメージを与えてきます。

そして、硬水で傷ついた髪・肌に乾燥した空気が更なる追い討ちをかけます(/・ω・)/

今回は、私がドイツ生活で取り入れている硬水対策方法を紹介したいと思います♪

私はこの方法で、ドイツの日本人経営の美容院で「全然硬水のダメージ受けてないですね!」と言われる髪質をキープできています(*‘∀‘)

ドイツに限らず硬水地域に住む方は必見です!

ドイツの水の硬度は日本の3倍!?

水の硬度は、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量によって計算されます。

ドイツニュースダイジェスト」では、日本とデュッセルドルフの水道水を以下のように比較しています。

日本とデュッセルドルフの水道水比較表

引用元:日本との水の違い – ドイツの硬水 – ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト

日本の水道水の硬度が4.6°dHなのに対し、デュッセルドルフの水道水の硬度は13.8°dHと、日本の3倍の硬度になっています。

ドイツ国内でも地域によって若干数値にズレはありますが、ドイツの水の硬度は日本の水の硬度の大体3倍と考えて問題ありません。

ドイツのスキンケア事情

ドイツのスキンケアは一般的に以下の流れとされています。

①拭き取り型クレンジング

②拭き取り型化粧水

③顔用クリームまたはオイル

そう、水で顔を洗わないんです(;・∀・)

なので、ドイツで日本人が使うような化粧水・乳液・美容液などを探しても、そもそも売ってません!

ドイツ式スキンケアで問題ない人はいいのですが、私は「水で洗い流す」という過程がないとさっぱりできなくて嫌なんですよね~

硬水対策とおすすめグッズ

日本では

  • 2ヶ月に1度、美容院でフルコース(炭酸水シャワー・カット・カラー・トリートメント)ヘアケア
  • 2ヶ月に1度、美容院で炭酸ヘッドスパ+トリートメント
  • 自宅でリファグレイスヘッドスパ使用

と、特にヘアケアに命を賭けていた私は、ドイツの硬水については渡独前に徹底的に調べて、対策用のアイテムを買い揃えました。

そこで、実際に使ってみたリアルな感想なども含めてお伝えしていきます!

※実際に私がやっている対策だけの紹介のため、効果には個人差があったり、別の対策をおすすめしている人も世の中にはいます。あくまでも、【Yamaeri的おすすめ】として参考にしていただけると嬉しいです!

対策① 軟水シャワーヘッド

イオナックの軟水シャワーヘッド

まず、必需品はイオナックの【軟水シャワーヘッド】です!

メリット

  • 石鹸カスを抑える軟水化機能
  • 塩素を無害化
  • 亜鉛イオンによる消臭効果
  • 海外発送に対応
  • 国内配送全国送料無料
  • 海外配送は15,000円以上お買い上げで送料無料(通常2,000円)

「他社と比べると若干高い」というデメリットがありますが、海外配送に対応していて口コミ評価も高かったのでイオナックの軟水シャワーヘッドを購入しました♪

ドイツ在住の知人に聞いたり、ネットで集めた情報によると

  • 髪が絡まってブラシがとおらない
  • 体が乾燥しすぎて粉をふく

などトラブルがあるようですが・・・

出国前に2年分まとめて購入し、ドイツに着いて即使用開始したため、リアルな「硬水のダメージ」を受けた経験がありません(;・∀・)

ただ、旅行で数日海外のホテルに滞在しただけで髪はキシキシ、肌はカサカサになるので、旅行に行くたびにイオナックの軟水シャワーヘッドの効果を実感してます!

海外配送の場合、15,000円以上お買い上げと制限がありますが、本体(13,824円)+フィルター(6,264円)をセット購入すると15,000円以上になるので送料は無料になります。

※フィルターは1本で3~4ヶ月効果持続(各地域の硬度により前後します)

◆軟水シャワーヘッド本体購入◆

ionac イオナックシャワーヘッド本体

ionac イオナックシャワーヘッド本体

◆フィルター購入◆

ionac イオナック 交換フィルター

ionac イオナック 交換フィルター

対策② 化粧品はすべて日本製を使用

実は私、面倒くさがりなところがありまして・・・

そもそも日本でもそこまでブランドなど拘っていなかったので、「海外で化粧品を探す」とか聞いただけでストレスになってしまうのです(/・ω・)/

当たり前ですが店内説明がすべてドイツ語なので、まず”目当ての商品がどの棚にあるか”が分からないんです。。。

そして商品説明もドイツ語なので、種類がたくさんあると効果の違いもよく分からず(;・∀・)

出国前から現地での購入を諦めた私は、全ての化粧品を日本で1~2年分購入してから渡独しました♪

化粧水/乳液/ボディクリーム/シャンプー/コンディショナー/ヘアオイル/パック/化粧品などなど・・・

とにかく、すべてです!!

「シャンプーなどは現地のものの方が硬水にあった商品がある」

ってよく聞くんですけど。。。

硬水には合うかもしれないけど、日本人の髪・肌質に合わないんじゃない?

と思ってしまうYamaeriなのです(;・∀・)

対策①で紹介したイオナックの軟水シャワーヘッドを使ってるので、日本のシャンプーなどでもしっかり泡立ちます

出国前の出費が痛いですが、どうせ必要になる出費ですし、出国前にまとめ買いすればエアー便・船便などでまとめて遅れて移動にも困りません。

一時帰国時に追加で購入する場合はすべて免税で買えるのも嬉しいポイントです♪

一時帰国時の免税での購入方法は「海外在住者必見!一時帰国時に免税で買い物をする手順」で詳しく説明してます!

対策③ ボディクリームを必ず塗る

こちらはいわずもがな。

日本ではボディクリームを塗ってなかったけど、海外では気を付けてる!

という人も多いのではないでしょうか。

私は、ボディクリームは朝起きたとき・シャワーのあとはなるべく塗るようにしています(*‘∀‘)

ただ、面倒くさがりな性格が邪魔して結構塗り忘れることも多いです。。

月1~2くらいでしか塗らない時期もありましたが、軟水シャワーヘッドのおかげか酷い肌荒れ・体が粉をふくといった状態にはなったことがありません!

対策④ ドライヤー使用時はヘアオイルでケア

軟水シャワーヘッドを使っているとはいっても、完全に軟水になるわけではありません

ダメージは最低限まで抑えられますが、やっぱり静電気やパサつきが気になるときもあります。

そこで私は、ドライヤー使用時+気になったときはヘアオイルでケアしています(*‘∀‘)

日本にいた頃から愛用しているのが「エクストラオーディナリー オイル エクラアンぺリアル」です。

ヘアオイル

こちら、大きいサイズも100mlなので機内持ち込みサイズ内なのですが、結構重たいので私は旅行に行くときは30mlのミニサイズを持っていくようにしてます♪

髪質によっていくつかシリーズが出ているので自分にあったものを探してみてください。

また、ヘアオイルだけでなくシャンプー・コンディショナー・ヘアパックなども出ているので、一度使ってみて気に入ったらブランドを揃えてみるのもおすすめです。

※私はシャンプー・コンディショナーはLUXシリーズを使ってます。

◆100mlサイズ購入◆

◆30mlサイズ購入◆

対策⑤ ハンドクリームは家用+持ち歩き用

ハンドクリームもドイツ生活には欠かせません。

私は日本にいたときもロクシタンのハンドクリームを愛用していたのですが、ドイツでは旦那も会社用カバンに1本常備してます。

ハンドクリーム

大きいサイズは家用、ミニサイズは持ち歩き+旅行用にしてます♪

ロクシタン(L'OCCITANE) フラワーミニハンドクリーム トリオ

ロクシタン(L’OCCITANE) フラワーミニハンドクリーム トリオ

対策⑥ 硬水用ヘアブラシを使用

タングルティーザーのブラシ

硬水対策で、既に軟水シャワーヘッドを購入したりシャンプーなどに気を付けている人もいると思いますが、見落としがちなのがヘアブラシです!

硬水で傷んだ髪は日本で売られている普通のブラシでは、スッととおらなかったり、髪が切れてしまう場合もあります。

そこで、私が渡独直前に慌てて購入したのが「TANGLE TEEZER(タングルティーザー)」のブラシです。

タングルティーザーの公式サイトによると、このブラシには3つの特徴があります。

絡まりをほどく3つの特長
1. 長短交互に配列されたブラシ構造により、無理に力を入れることなく、髪の毛をときほぐします。
2. 柄がないのは、握りこむ事によってブラシにかかる力を分散するため。手の平にフィットし、握りやすい構造です。
3. 特殊素材で作られたブラシの先端が丸くカットされていることで、頭皮を程よく刺激。髪と頭皮を同時にケアします。

引用元:タングルティーザー 日本公式サイト (TANGLE TEEZER JAPAN)

確かに、普通のブラシでひっかかってしまったときも、このブラシを使うとスッととおります!

柄がなくコンパクトサイズなので、鞄に入れて持ち歩きも可能です♪

こちら、Amazonでも売っているのですが、口コミを見ると「【国内正規品】と書いてあるのに偽物が届いた」という口コミが複数あるので、タングルティーザーの公式サイトでの購入が1番安心だと思います(*‘∀‘)

対策⑦ 朝の洗顔も軟水シャワーヘッドを使用

硬水対策7番目は、朝一の洗顔です!

日本にいたときは顔を洗う場合、朝シャワーをしない人は洗面台の蛇口を利用していたと思います。

しかし、ドイツの水は硬水です!

なので、朝一の洗顔の際も軟水シャワーヘッドを利用しましょう。

ここは面倒くさがっちゃダメですよ~

対策⑧ 乾燥が気になる時はパックで集中ケア

以上の対策を行っていれば、若干気にはなるものの、硬水からのダメージはあまり気にせず生活ができると思います♪

それでも、ちょっと乾燥が気になるな、というタイミングがあるにはあります。(経験上)

そんなときのために、好きなフェイスパックをいくつか持ってくることをおすすめします。

私はルルルンのパックを使ってます!パッケージが可愛いですよね~

ルルルンのフェイスパック

そして、顔を全部覆うのがめんどくさい!という場合は目もと集中ケアマスクがおすすめです。

私は肌美精のを使用してます。

効果として謳われているような「しわが目立たなくなる」という効果は今のところ感じられてないですが、保湿効果はあるのでピンポイントのケアに最適です(*‘∀‘)

次の日お友達とランチのときなどに、お風呂上りに目元+ほうれい線ケアで使ってます♪

肌美精 目もと集中リンクルケアマスク 60枚

肌美精 目もと集中リンクルケアマスク 60枚

硬水地域でやってはいけないこと

それでは、最後にやってはいけないスキンケアを簡単に紹介します。

NG① 石鹸を使ったスキンケア

硬水はミネラル成分を多く含んでいますが、石鹸はミネラルに溶けず、ミネラルと結合して「石鹸カス」を発生させます。

この「石鹸カス」が肌に残ったままになると肌が荒れる原因になるので、なるべく石鹸は使わないようにしましょう。

NG② メイク落とし→洗顔のダブルケア

日本では、まずメイクを落としてその後普通の洗顔で顔を洗って・・・とダブル洗顔をしていた人が多いと思います。

日本では当たり前のこの行為、硬水地域でやってしまうと肌の脂分を落としすぎて肌荒れの原因になります(/・ω・)/

洗い流さないふきとりシートや、メイク落としと洗顔が一緒になっている洗顔フォームを使用するようにしましょう。

NG③ タオルでごしごし

体を洗う時、タオルやスポンジでごしごし洗ってしまうと肌の皮脂や角質を落としすぎてしまい乾燥を悪化させる原因になります。

低刺激のコットンタオルや手洗いをするようにしましょう。

海外でやってはいけない上記3つのNG項目について、「乾燥・硬水に注意!旅行前に知っておきたい《海外でのスキンケア対策》まとめ | キナリノ」にもっと詳しく書かれているので参考にしてみてください。

ドイツをはじめ硬水地域に移住予定の方、既に住んでいて硬水に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください♪

そして、もっとこんな対策がおすすめ!という方法があったら、ぜひ教えてください(*‘∀‘)

▼こちらの記事もおすすめです!▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です