コロナウイルス感染拡大による品薄状況からみるドイツと日本の違い

ドイツのスーパー



 

初掲載日:2020年3月4日

 

現在、コロナウイルス感染拡大により世界各国で色々な商品が品薄状態となっています。

先日もTwitterでは以下のようなツイートがバズっていました。

 

 

このツイート内容は私が実際にドイツで生活していて感じていること、Twitterやネット上で得ている情報と合わせるととても正確に各国の状況を表現しているなと感じました。

そう、どこの国も「コロナウイルス感染拡大」という状況は同じなのに、品薄の商品が全然違うんです!(一部同じような商品が買い占められているものもあります)

 

なぜ、各国で買い占められているものが異なるのでしょうか?

その国でその商品が買い占められている理由は?

色々気になったので、日本とドイツに焦点を当て、個人的な考察をまとめてみました。

 


日本ではマスク、トイレットペーパーの買い占めが横行

 

日本にいる家族や知人、そしてTwitterで流れてくる情報、ニュースを見ていると日本では以下のような商品が買い占められている状況です。

  • マスク
  • 除菌系(ハンドジェル、シートなど)
  • トイレットペーパー
  • 滅菌ガーゼ
  • ティッシュペーパー

そして最近ではお米、パスタ、缶詰などの備蓄品や納豆にまで買い占めが及んでいます。

【参考】相次ぐ買い占め 米や缶詰も – Yahoo!ニュース

 

各種食料品の買い占めが進むドイツ

 

私が住むドイツのデュッセルドルフでは以下のような商品が買い占められている状況です。

  • 除菌グッズ
  • パスタ
  • 缶詰
  • レトルト
  • パン
  • シリアル
  • 調味料
  • お菓子(特にポテチ)

 

 

その他、ドラッグストアを見た感じだと洗濯洗剤や掃除用品も売れ行きが好調でした。

除菌系は分かるけど・・・洗濯洗剤に掃除用品??普段みんな洗濯してないのかな?

 

スポンサーリンク

ドイツと日本の違い

 

なぜ日本で紙類の商品が品薄状態なのか?

記憶によると発端はマスクの品薄ですね。悪質な転売ヤーがマスクを大量に買い占め、【感染症が流行っているのにマスクが自由に手に入らない】状態に怯えた人々に高額で転売を始めたこと。

それに畳みかけるように「マスクと材料が同じトイレットペーパーが危ない」「トイレットペーパーの原材料は中国産で物流が危ないので買えなくなる」などのデマが流れてトイレットペーパーが品薄に。

そしてマスクの品薄に対応しようと手作りマスクの方法がネットで拡散され、その手作りマスクに”入れた方がいい”とされた滅菌ガーゼが品薄に。

トイレットペーパーと同様の理由でティッシュペーパー、生理用品などが品薄に・・・

紙製品の品薄状況に「食料品まで売切れたら困るから食料品も買いだめしておこう」と思う人が増えたことや、外出頻度を減らそうとする人が増えたことで食料品の品薄状態が始まる。

というようにすべてが悪循環になってしまっている印象です。

 

一方、ドイツでは除菌グッズはもちろん品薄状態なのですが、トイレットペーパーなど紙類よりも先に食料品の買い占めが横行しました。

それも特定の品物だけではなく、パスタ・缶詰・調味料・冷凍食品・シリアル・パン・お菓子などなど。

ここ数日でドイツも感染者数がどんどん増加していますが、買い占め初期はまだ3桁に乗る前だったような。。

当時は「日本人よりドイツ人の方がテンパってるんじゃないか」と思ったほどです。(1週間ほど前にそんなようなツイートをしたような・・・)

 

 

ドイツでは、私の知る限り日本で騒がれているような悪質なデマが広まったという話は聞いていません。

自国で感染者が出たというニュースを受けて、各個人が行動した結果色々な食料品が買い占められてしまったようです。

ドイツでは日曜・祝日は法律で就労が禁止されているため一部の飲食店を除き、スーパー含めすべてのお店がやっていません。

それだけ休暇を大事にするドイツだからこそ、学校や会社が出社禁止になったらスーパーまでも全面営業停止になると恐れた上の行動なのでしょうか・・・さすがにスーパーが2週間全面営業停止なんてならないと思いますが。

 

日本以上にテンパってるんじゃないかと感じたドイツの買い占め具合ですが、悪質なデマや悪質転売ヤーによる買い占めが横行している日本はちょっと信じられないですね。

 

まとめ:コロナウイルスより「混乱」が脅威?

 

以前、【「ドイツ人と日本人は似ている」は嘘!?両者はここが違う!】というという記事を書いているのですが、コロナウイルス感染拡大による品薄状況からみても

  • 品薄になる商品
  • 品薄になった主な原因

は日本とドイツでまったく違いますね。

 

どちらがいい悪いということはないですが(個人的には日本の方が悪質だと感じていますが)、日本やドイツに限らず不必要な混乱はコロナウイルス以上に人々の生活を脅かすことになりかねません。

実際、日本ではトイレットペーパーの在庫は問題ないのにラスト1ロールしか家にないのにトイレットペーパーを買えない人や、手作りマスクに滅菌ガーゼなんて不要なのに滅菌ガーゼの買い占めが起こり本当に必要とする医療現場で滅菌ガーゼが不足するなどの事態が起こっています。

手洗い・うがい・混雑を避ける・不要な外出を控えるなどコロナウイルスの感染を警戒しつつ、それ以外の日常生活ではもっと落ち着いて行動したいものです。

 

関連記事

ドイツ州別のコロナウイルスの現状

【ドイツ】州別の新型コロナウイルス感染状況&州政府の対策(4月5日更新)

2020-03-17
自宅勤務

コロナウイルス感染拡大で夫が自宅勤務!子なし主婦ができる気遣い

2020-03-16
デュッセルドルフのドラッグストア

【ドイツでコロナ対策】抗菌ハンドジェルと除菌シートを買ってみた

2020-03-08
ドイツのコロナウイルスの現状

(最新)ドイツの新型コロナウイルスの現状&政府の対策まとめ【4月5日更新】

2020-03-06
ANA・JALの国際線航空券の変更・払い戻し

ANA・JALの国際線航空券の変更・払い戻し|コロナウイルス感染拡大~ヨーロッパは対象?

2020-03-05