【旅行記】ツァヴタット観光&ラットビーチ|クロアチア5日目

ツァヴタットの風景

 

初掲載日:2020年9月14日

 

先日、夫婦で7泊8日のクロアチア旅行に行ってきました。

クロアチアは本当は今年の6月に行こうと思っていたのですがコロナの関係でいったんキャンセル。

6月は真っ先に国境を開け始めたギリシャに行き、クロアチアは8月末~9月頭で再度予定を立て直したのでリベンジです。

 

旅程の中で利用した空港、飛行機、レストラン、ホテルで行われていたコロナ対策、観光の状況などは別記事でまとめています。

CHECK!コロナ禍でのクロアチア旅行|各施設コロナ対策、観光状況まとめ

 

 

***旅行日程***

 

1日目 ザグレブ観光
2日目 プリトヴィッツェ湖群国立公園
3日目 ドブロブニクへ移動、旧市街散策
4日目 スルジ山&プラザビーチ
5日目 ツァヴタット ←この記事はここ
6日目 城壁散策&バニェビーチ
7日目 ホテルのビーチ&旧市街散策
8日目 ドブロブニク→デュッセルドルフ

 

 

1日目は早朝フライトでデュッセルドルフからザグレブへ移動し、午後にザグレブ市内を観光、2日目はプリトヴィッツェ湖群国立公園に行ってきました。

3日目のお昼にザグレブからドブロブニクへ移動し、4日目は午前中旧市街散策をしてお昼はスルジ山山頂のパノラマレストランへ、午後はプラザビーチに行きました。

5日目はドブロブニクからバスで20~30分ほどのツァヴタットの観光です。

 


【旅行記】ツァヴタット観光&ラットビーチ

 

今日もこんな感じの朝食からはじまりました。

 

ホテル「エクセルシオール」の朝食

 

一番旧市街側の角の席を選んでみたのですが・・・

眺めはいいものの、一番端だからか?昨日より蜂が多く。。

蜂を追い払いながらの全然ゆっくりできない朝食になってしまいました。

 

蜂が苦手な人は海側の真ん中あたりのテーブルだと蜂も少ないかもしれません。(もっと端のテーブルが蜂のターゲットになるので)

 

今日はドブロブニクからバスで20~30分ほどにあるツァヴタットに行く予定なのですが、その前に1つくらい観光していこうとフランシスコ会修道院へ。

 

ここで問題発生!!

ホテルの部屋を出る前に気付いたのですが、私の分のドブロブニクカードが見当たりません。

スーツケースや鞄など全部ひっくり返して探すも見つからず・・・

 

昨日夫からカードを受け取って鞄に入れてから一度も使ってないので外に出すタイミングもなく、なくなるはずがないのですが。。

なぜか鞄からドブロブニクカードだけが忽然と消えています。。

 

オンライン購入し、それを観光案内所で引き換えたので購入時のメールを見せれば再発行してもらえるかな?と思い観光案内所まで行ってみたのですが、「もう1回買ってね」とのこと。

うそーん

 

ていうか、観光地ならオンラインで買った観光カードはEチケットにすればいいのに。。

なんでオンライン購入できるのにそれをわざわざ現地で引き換えなきゃいけないんだろう・・・

その方がお互いの手間も省けるし、なくしたことで観光客が損することもなくなるしwinwinじゃないかしら。。

ていうか1回も使ってないのにドブロブニクカードだけなくすとかあり得ないんだけど。。

絶対スリがドブロブニクカード盗んだと思う!!

 

と、今どきEチケットを扱わないドブロブニクやスリに責任をなすりつけるもドブロブニクカードは出てこないので、仕方なく夫に新しいドブロブニクカードを買ってもらいました。

夫は特に怒ることもなく広い心で新しいドブロブニクカードを買ってくれました。(って書けって言われたので書きますね←)

 

270クーナが。。もったいなすぎる。。

 

気を取り直して、フランシスコ会修道院の見学。

 

フランシスコ会修道院

 

フランシスコ会修道院はドブロブニクカードの対象で、入口でカードを見せようとすると・・・

客がいなすぎたのかスタッフのやる気がないのか「そんなもん見せなくていいから好きなだけ見てどうぞ」みたいなスタンスでカードのチェックもなく入場できてしまいました。

ドブロブニクカードは一番最初にチケット使ったときから1日/3日/7日と決まっているので要チェックなはずなのですが。。

ゆ、ゆるすぎ~

 

入口を入るとする回廊があります。

 

フランシスコ会修道院

 

回廊から中庭を撮るとこんな感じ。

 

フランシスコ会修道院

 

こちら↓が中庭。中庭の中央には15世紀からの井戸があります。(井戸は上記写真の中央)

 

フランシスコ会修道院

 

写真を撮り忘れたのですが、回廊奥には小さな博物館があり、実際に使われていた薬草の壺や瓶が展示されていました。

そしてフランシスコ会修道院の隣には教会が。震災後に再建された教会です。

 

フランシスコ教会

 

規模としてはかなりコンパクトで歴史を語ってくれるガイドさんもいないので15分ほどで見終わりました。

個人観光なんてこんなものよね。。

 

今日のバニェビーチとドブロブニク旧市街。

 

ドブロブニクの風景

 

この後、11:00のバスでツァヴタットへ向かいます。バス停はスルジ山ケーブルカー乗り場の横にありました。

まさかの20分遅れでバス到着。

そしてバスは結構ぎゅうぎゅうです。

観光客は通常のハイシーズンより少ないと思うのですが・・・ローカルの人も使うバスだからかな?

 

ツァヴタットへはドブロブニクからバスで20〜30分ほど。

バス停の近くに観光案内所があったのでそちらでツァヴタットのマップをもらいました。

 

ツァヴタットの地図

 

ツァヴタットの見どころやビーチが集まっている半島部分の拡大地図。裏にはツァヴタットの全体の地図が載っています。

 

ツァヴタットに来た本来の目的は海なのですが、墓地からの眺望がいいということだったのでまずはお墓へ。

地図の「ⓘ」の部分がバス停で、そこから⑮→⑭→⑬と海沿いを歩いて行きます。

 

ツァヴタットの風景

 

ドブロブニクよりリゾート地!という雰囲気。

こちらはプロムナード。

 

ツァヴタットの風景

 

私この雰囲気すごい好きだわ~

リゾート地に来た!という感じがすごいです。

 

ツァヴタットの風景

 

ゴミ箱がすごく可愛かったのでパシャリ。

海沿いにはずらーっと船やボートが浮かんでいます。

 

ツァヴタットの風景

 

海の水の透明度がすごい!!

 

ツァヴタットの風景

 

ちなみに、写真だと分かりにくいのですがそのへんの海の中に雲丹がごろごろ転がっていました。。

実はクロアチアって雲丹が美味しいのかな?と思いきや、レストランではあまり雲丹のメニューを見かけず・・・

クロアチアの人は雲丹を食べる習慣はあんまりないのかな?

 

海沿いには教会もあります。google mapでは「FRANJEVAČKI SAMOSTAN」となっていました。

 

FRANJEVAČKI SAMOSTAN

 

ここでいったん海沿いから中の道に入り、こんな感じのなが~い階段をひたすらのぼります。

 

ツァヴタットの風景

 

この階段めちゃくちゃ疲れた・・・

階段をのぼりきると、そこには墓地が。

 

墓地

 

お墓に可愛いっていう表現はちょっと違うかもだけど、ヨーロッパのお墓ってなんか可愛い感じ。

敷地内にあるこちらの大きな建物は「ラチッチ廟」で、スペイン風邪で亡くなったラチッチ一家が祀られているお墓です。

 

Racic Mausoleum

 

このラチッチ廟の裏からはこんな感じの絶景を見ることができます。

 

ツァヴタットの風景

 

あまり墓地に長いするのも・・・ということで、数分でぱぱっと見て今度は来た道とラチッチ廟を挟んで反対側の道を降りていきます。

 

ツァヴタットの風景

 

数分で海沿いに到着。

 

ツァヴタットの風景

 

このあたりは岩場がずっと続いているのですが、砂場とか岩場とか関係なくみなさん自由に泳いでいました。

それこそほんとに岩の上にタオルをひいて飛び込むような感じで。。

さすがヨーロピアンです!

 

ツァヴタットの風景

 

私たちも後でこのあたりで泳ぎます。

いったんプロムナード側に戻り、ランチにすることに。

 

海沿いの「Konoba Toranj」に行きました。

 

レストラン「Konoba Toranj」

 

店内はこんな感じです。

 

レストラン「Konoba Toranj」

 

入店時対応してくれたスタッフさんによると、「今年はじめての日本人のお客さん」だそうで。

まあ、このコロナ禍でツァヴタットに来る日本人はほんと一握りよね~。。

 

ランチは軽めにということでクラブサンドをシェアしました。

 

レストラン「Konoba Toranj」

 

食事を終えたら泳ぐ前にまずは両替所へ。

ドブロブニク1日目のレストランでカードが使えず現金で払ったら現金が足りなくなってしまったので。。

ドブロブニクはザグレブより両替レートがかなり悪いと聞いていたので困っていたのですが、ツァヴタットはザグレブと同じくらいのレートでした!

 

銀行

 

この銀行の扉、2段階になっているのですが2枚目が開くのが遅くていったん扉の間に閉じ込められるみたいな感じだったのでかなり焦りました。。

 

両替レート

 

銀行の隣にはスーパーがあり、水などはここで買えます。

 

ツァヴタットのスーパーマーケット

 

いよいよビーチへ。

ランチ前に歩きながら目をつけていたラットビーチ(rat beach)で1時間半ほど泳ぎます。

岩場で自由に泳ぐ人々↓

 

ツァヴタットの風景

 

ラットビーチは岩場の間にほんの少しだけある砂場のビーチです。

 

ラットビーチ

 

両脇の岩の上にはビーチチェアも置いてあります。

有料ですが簡易シャワーもありました。

着替えるところはなさそうだったので、ツァヴタットで泳ぎたい場合は洋服の下に水着を着てくるのをおすすめします。

 

海は透明度抜群でめちゃくちゃ綺麗でした!

 

ラットビーチ

 

ミコノス島の海の透明度を知っちゃってるのでドブロブニクのプラザビーチやバニェビーチは全然テンション上がらなかったのですが・・・

ツァヴタットの海の透明度に興奮しまくり。

 

そうそう、こういうの求めてた!!

 

ラットビーチ

 

海の中を進むにつれて足元は大きな石が多くなるのでマリンシューズがあるといいと思います。

海を満喫したら15時くらいのバスでドブロブニクに戻ります。

 

ツァヴタット見納め。

 

ツァヴタットの風景 ツァヴタットの風景

 

ローカルバスは1時間に1本とかだったので帰りのバスの時間に要注意です。

 

帰りは乗ったところとは別の場所に降ろされます。

google mapで位置を確認していたのですがドブロブニク旧市街からは結構離れていて、ほんとにここ?みたいなところだったのですが半分以上が降りてたので間違えずに降りることができました。。

 

城壁の外側からの眺め。

 

ドブロブニクの風景 ドブロブニクの風景

 

プロチェ門を城壁の奥から見ている感じです。

やっぱり雰囲気がありますね~

 

ドブロブニクの風景

 

ドブロブニクに戻ったあと少し時間があったので、折角だからとバニェビーチへ。

 

バニェビーチ

 

かなり曇ってきちゃっていてちょっと残念。。

 

バニェビーチ

 

曇ってきちゃったからか?もともとなのか?ツァヴタットの海との透明度が全然違うのであまりテンションがあがらず・・・15分ほどで切り上げていったんホテルへ戻り、着替えて夕食は予約していた「Gradska kavana Arsenal Restaurant」へ。

 

かなり広いレストランで、片方は港側、その反対側のテラスからは聖ヴラホ教会が見えます。

コロナ禍なので大丈夫かな?と思いつつ、念のため港側のテラス席を事前に予約していきました。

 

Gradska kavana Arsenal Restaurant

 

曇っちゃったので景色が少し残念ですが、日の入り後は天気はあまり関係ないので日の入り後に期待です。

 

ここではエビのスープとツナステーキとイカのグリルをオーダー。

 

Gradska kavana Arsenal Restaurant Gradska kavana Arsenal Restaurant Gradska kavana Arsenal Restaurant

 

全部とっても美味しかったです。

ほんとに、クロアチアで入ったレストランはほぼ当たりでハズレがありません。

クロアチア滞在、まだあと数日残ってますがヨーロッパで一番ご飯が美味しいの確定です。

 

食後にチョコレートケーキとプリンをオーダー。

 

Gradska kavana Arsenal Restaurant Gradska kavana Arsenal Restaurant

 

チョコレートケーキは下のスポンジがすごくあっさりしてて軽くてぺろりと食べてしまいました。

プリンも自家製で美味しかったです。

 

食事が終わる頃にはすっかり日も暮れていい感じの雰囲気に。

 

Gradska kavana Arsenal Restaurant Gradska kavana Arsenal Restaurant

 

とてもロマンチックな雰囲気で、このレストランが観光客に人気なのが分かります。

 

Gradska kavana Arsenal Restaurant Gradska kavana Arsenal Restaurant

 

帰りは旧市街の夜景を見ながらホテルに戻ります。

こちらは聖ヴラホ教会。

 

ドブロブニクの夜景

 

昼間はステンドグラスがあまり目立たないのですが、夜はステンドグラスが強調されてとてもキレイです。

今日もプラツァ通りは賑わっていました。

 

ドブロブニクの夜景

 

スポンザ宮殿の中に入れたので入ってみます。

 

ドブロブニクの夜景

 

特に見る物はないのですが、荘厳な雰囲気。

昼間に見るのと全然雰囲気が違いそうです。

 

ドブロブニクの夜景

 

ドブロブニク初日は夕方の到着でほぼ何もしなかったからか、あまりテンションが上がらなかった私たち夫婦。

あれ、実はドブロブニクって・・・と心配だったのですが。。

このあたりから段々ドブロブニク大好きになってきました。

 

ご飯は全部美味しいし、スルジ山からの景色は絶景だったし、ツァヴタットのビーチも最高だったな~

ギリシャのサントリーニ島やミコノス島は、到着した瞬間「大好き!!」となっていたのですがドブロブニクはじわじわくるタイプみたいです←

 

明日は城壁散策とバニェビーチのリベンジです!

 

【旅行記1日目から読む】

<<ザグレブ観光|クロアチア1日目

【旅行記6日目を読む】

ドブロブニク城壁散策&バニェビーチ>>

▼今回の旅行のお供▼

ヨーロッパ旅行に必要な持ちものリスト


1年で30都市以上ヨーロッパを旅した私が実際にヨーロッパ海外旅行に持っていっている持ちものをまとめました。【大前提の持ちもの】【最低限必要なもの】【荷物に余裕がある場合に持っていきたい持ちもの】と3つのカテゴリー別に紹介しています。

持ちものリストをみる