【旅行記】プリトヴィッツェ湖群国立公園|クロアチア2日目

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

初掲載日:2020年9月10日

 

先日、夫婦で7泊8日のクロアチア旅行に行ってきました。

クロアチアは本当は今年の6月に行こうと思っていたのですがコロナの関係でいったんキャンセル。

6月は真っ先に国境を開け始めたギリシャに行き、クロアチアは8月末~9月頭で再度予定を立て直したのでリベンジです。

 

旅程の中で利用した空港、飛行機、レストラン、ホテルで行われていたコロナ対策、観光の状況などは別記事でまとめています。

CHECK!コロナ禍でのクロアチア旅行|各施設コロナ対策、観光状況まとめ

 

 

***旅行日程***

 

1日目 ザグレブ観光
2日目 プリトヴィッツェ湖群国立公園 ←この記事はここ
3日目 ドブロブニクへ移動、旧市街散策
4日目 スルジ山&プラザビーチ
5日目 ツァヴタット
6日目 城壁散策&バニェビーチ
7日目 ホテルのビーチ&旧市街散策
8日目 ドブロブニク→デュッセルドルフ

 

 

1日目は早朝フライトでデュッセルドルフからザグレブへ移動し、午後にザグレブ市内を観光しました。

2日目はプリトヴィッツェ湖群国立公園です。

 


【旅行記】プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

出発前にまずはホテルで朝食を。

 

「ホテル9」の朝食会場 「ホテル9」の朝食

 

ビュッフェだったのですが、マスク+手袋着用のスタッフがいて、その人に「これが欲しい」と伝えてお皿に盛ってもらうシステムになっていました。

朝食の種類は結構少なめ。

まあ、コロナ禍だし仕方ないですね。

 

今日はこちらのバスでプリトヴィッツェ湖群国立公園まで行きます。

 

クロアチア長距離バス

 

コロナ禍に長距離バスかあ・・・とちょっと心配だったのですが、乗客は3割ほど。

途中何か所か停車しますが途中で一気に乗客が増えるとかもなくプリトヴィッツェ湖群国立公園に到着。

 

チケットは公園の入口横のチケット売り場で購入しました。

入口に向かって右側がチケット売り場で、左側がインフォメーションセンターです。

インフォメーションセンターで帰りのバスについて質問をしたら、帰りのバスの時間を聞かれ「それならこのCコースがおすすめだよ」と公園内のハイキングコースを教えてもらいました。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

いよいよハイキング開始です。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園にはエントランス1と2があり、バスが停車したのがエントランス1だったので私たちはエントランス1から公園に入りました。

入口を抜けるとすぐ目の前はこんな感じの風景です。

中心のちょっと丸く囲われている部分がちょっとした展望台になっていて、この公園ベスト2くらいの絶景が見えます。

ちなみにハイキングコースは左側にぐるっと伸びている道です。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

展望台からはこんな景色が。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園 プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

パンフレットやガイドブックでよく見る景色!!

確かに絶景です。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

こんな感じの景色を見ながらハイキングできるんだ~

と喜んだのも束の間。

 

コースを歩きはじめるとすぐ下りベースになり・・・

湖まで降りてきてしまいました。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

湖に出てすぐのところは撮影スポットになっているようで、みなさん記念撮影されています。

それにしても湖の色がエメラルドグリーンですごい!

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

こちら↓もガイドブック等でよく見る景色です。

私たちも記念撮影して先へ進みます。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

ここからが、まさかのまさか。

湖の周りをひたすら歩いて行くんです・・・!

 

あれ、湖を上から眺めながら歩くんじゃないの??

絶景ポイント、最初ので終わり!?

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

こちらも撮影スポットの一つ。

大きな滝です。

プリトヴィッツェ湖群国立公園では飽きるほど滝を見ることができます。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園 プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

道の分岐点ではこんな感じに標識が出ているので、迷うことはありません。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

こんな感じの湖の横の道をひたすら歩きます。

なんか・・・まだ公園に入ってから1時間くらいだけど、そろそろ飽きてきたような。。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

いや、湖は確かにエメラルドグリーンで綺麗なんですけどね??

見える光景、一緒!!

歩いて行けば角度は変わるけど、見えるものは湖と森とちょこっとの空のみ!!

これだけ延々横目に湖みながら歩いてたら、エメラルドグリーンに対する感動も薄れます。。

 

実はコロナ禍だからか?長距離バスの本数が減らされていて、プリトヴィッツェからザグレブへ戻るバスは夕方1本のみ。

バスの時間まで5時間くらいあります。

やばい、あと5時間耐えられるかな私・・・

 

そんな不安を抱えながら歩いていると1つ目の休憩ポイントP3に到着。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

こちらでランチ休憩にします。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

コロナ禍だったので”公園内の飲食店が何もやってなかったらどうしよう”とちょっと心配だったのですが、こんな感じで↓ハンバーガーやホットドックが販売されていました。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

ランチ休憩の後は遊覧船でP3からP2まで移動します。

船の乗り場から湖を覗いたらたくさんの魚が。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

想像以上に魚が大きくてちょっと気持ち悪いような。。

遊覧船はこんな感じです↓結構大きい~

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

公園内の遊覧船は公園の入場チケットに含まれているので無料です。

数分でP2へ。

ここから次の休憩ポイント、ST3までハイキングです。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

これまで歩いてきたのが下群湖でここから上群湖を歩いて行きます。

上群湖は下群湖より観光客が少なく、静かで歩きやすいのですが・・・

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

やっぱり見えるのはこんな感じの湖と森とちょっとの空です。

後は滝。上群湖はめちゃくちゃ滝が多かった・・・!

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

また滝。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

そしてまた滝。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

「絶景を見ながらのハイキング」のつもりで来たのですが・・・

絶景、どこ!?

つい1か月前くらいにスイスで絶景ハイキングを楽しんできたところで、頭の中が「絶景ハイキング=スイスでしたハイキング」になってしまっていたので期待感との落差が凄すぎて。。

 

これなら日本の昭和記念公園の方が100倍くらい私は好きなのですが。。

昭和記念公園、噴水もあって開けてる広場でピクニックもできてカラフルなお花もたくさんあってよかったな~

また行きたいな~

と、プリトヴィッツェ湖群国立公園には大変失礼なのですが昭和記念公園へ思いを馳せながら頑張って歩く私。

 

あ、ちなみに夫はもともと自然結構好きなので滝が出てくるたびに写真をパシャパシャ撮って楽しそうでした。

プリトヴィッツェ湖群国立公園、もともと自然好きな人は大自然の中で散歩!みたいな感じで楽しめそうですが・・・

私みたいに特に自然とか好きじゃないという人は朝一で来て2時間くらいでぱぱっと回ってお昼前にザグレブやらスプリットやらに移動しちゃうのが正解だと思います。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

こんな道をテンション低く歩きます。

帰りのバスまだかな?

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

やっとST3へ到着。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園 プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

ベンチで少し休んでから今度は公園内バスでST1へ向かいます。

公園内バスも遊覧船同様に公園の入場チケットに含まれているので無料です。

途中ST2にも停車するのですが、私たちは帰りのバスの時間まで時間が結構余っていたのでST2で降りてST2からST1まで徒歩にしました。

 

ST1からエントランス1までは徒歩30分くらいです。

ひたすら上りの道をひーひー言いながら歩きます。

 

すると・・・

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

おお!!

もしかしてこの公園一の絶景!?

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

これ↓を見てると確かに絶景なんですけどね~

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

エントランス1の周辺から下を見下ろすところだけが私の個人的絶景ポイントでした。

うそーん

 

この時点で帰りのバスまでは1時間弱残っていたのですが、エントランス1の公園をすぐ出たところにテラス席があったのでそこでカプチーノを飲みながらバスを待ち、ザグレブへ戻ります。

 

夕食はレストラン「Vinodol」へ。

店内はかなり広く、テーブルごとの感覚も2mくらいあいてるのでコロナ対策もばっちりな印象です。

 

レストラン「Vinodol」

 

人気店なので賑わっていましたが、コロナ禍だからか満席ということはなく予約なしで行ってもすぐに入れました。

 

トマトスープ、トリュフパスタ、ポークロール?をオーダー。

 

レストラン「Vinodol」

 

スープもトリュフパスタもめちゃくちゃ美味しかったです!

ポークロールは夫がプロシュートを食べたいということで、メニューにプロシュートと入っていたものを頼んでみたのですが・・・

 

レストラン「Vinodol」

 

提供されたとき、プロシュートどこ!?と一瞬2人で固まりました。。

間違えてオーダー通っちゃったのかな?と食べてみると・・・

ポークの中に刻まれたプロシュートとチーズが入っていました。

 

私たちが勘違いしていたようで。。

想像していたプロシュートではなかったのですが、こちらも普通に美味しかったです!

お酒2杯+ボトル水+3品で300クーナ。

やすーい!!

 

昨日も美味しすぎて感動したのですが、今日のディナーも大満足。

ザグレブはもともとプリトヴィッツェ湖群国立公園に行くためだけに立ち寄ったようなもので、公園が個人的に全然楽しめなかったので「ザグレブ来なくてよかったんじゃ・・・」と一瞬思ったりもしたのですが。。

 

ザグレブは2日間ともディナーが大当たりで、物価も一般的なヨーロッパ価格と比べると安かったので美味しいご飯が食べられたというだけでもザグレブに来てよかったかな、と思えました。

明日はお昼のフライトで念願のドブロブニクへ移動します!

 

【旅行記1日目から読む】

<<ザグレブ観光|クロアチア1日目

【旅行記3日目を読む】

ザグレブ→ドブロブニク&旧市街散策>>

▼今回の旅行のお供▼

ヨーロッパ旅行に必要な持ちものリスト


1年で30都市以上ヨーロッパを旅した私が実際にヨーロッパ海外旅行に持っていっている持ちものをまとめました。【大前提の持ちもの】【最低限必要なもの】【荷物に余裕がある場合に持っていきたい持ちもの】と3つのカテゴリー別に紹介しています。

持ちものリストをみる