【ローマ】朝一の散歩に最適!カンポ・デ・フィオーリ広場の朝市に行ってみよう

ローマのカンポ・デ・フィオーリ広場

カンポ・デ・フィオーリ広場

 

「カンポ・デ・フィオーリ」とは、イタリア語で「花の野」という意味があります。

かつてお花畑だった場所に現在の広場があるためこの名前がつけられたそうです。

しかし、この広場にはお花畑とは対照的な暗い歴史も有しています。

処刑場として使用されていた時代もあり、1600年に異端の罪で処刑された思想家ジョルダーノ・ブルーノの像が広場の中央に建てられています。

そんな様々な歴史を持つこの広場では、現在、日曜・祝日を除き毎朝市場が開かれています。

Piazza Campo de’ Fiori, 00186 Roma RM

朝市:月~土(早朝から14時頃まで)

※日曜・祝日は休み

アクセス:

ナヴォーナ広場から徒歩5分

ヴェネチア広場から徒歩11分

「花の野」で開かれる賑やかな市場

 

ローマのカンポ・デ・フィオーリ広場

カンポ・デ・フィオーリ広場では、新鮮な野菜や果物、お花、ハムやチーズの加工食品、イタリアならではの色とりどりのパスタ麺、そして香辛料など様々な屋台が立ち並び、早朝から地元の人たちで賑わっています。

朝市は14時頃まで開かれていますが、お店によっては早くにお店を閉めてしまう場合もあるので、おすすめの時間帯は早朝~10時頃です。

私たちも朝食を済ませた後、まず最初にこのカンポ・デ・フィオーリ広場の市場に向かいました。

チーズや香辛料などは試食もさせてくれる場合があるので、ぜひ色々試してみてください♪

こんな風に、野菜を面白可愛く削れる器具も売っていました。

 

ローマのカンポ・デ・フィオーリ広場

 

職人さんが、器具を使って目の前で歌いながら次々と野菜を削っていくのは一見の価値ありです!

市場では、スーパーやお土産屋さんで買うより新鮮な食品などが安価で購入できます。

市内中心部に位置し、イタリアならではの商品もたくさん並んでいるのでお土産調達にもおすすめです。

広場の周辺にはテラス席のあるカフェやレストランも多く並んでいるので、朝一で市場を楽しんだあと、周辺のカフェ・レストランで朝食、というのもいいですね♪

楽しくて写真に夢中になってしまうこともあると思いますが、スリやひったくりには十分注意してください。

お土産を買うためにお財布を出すタイミングをどこで誰に見られているか、自分では判断できません。

可能であればお財布とは別に小さめの小銭入れを用意して、市場で使いそうな分だけ分けておくことをおすすめします。

カンポ・デ・フィオーリ広場周辺のスポット

 

カンポ・デ・フィオーリ広場は市内中心部に位置するため、周辺には徒歩で行ける観光スポットがたくさんあります。

  • ナヴォーナ広場
  • パンテオン
  • サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会
  • ファルネーゼ広場
  • ファルネーゼ宮

朝市でカンポ・デ・フィオーリ広場の市場を楽しんだ後、周辺の観光スポット巡りに出掛けるプランがおすすめです。

ぜひセットで観光してみてください♪

 

ローマのスペイン広場

「ローマの休日」の舞台として有名なスペイン広場の見どころまとめ

2019-04-09
コロッセオ

【2019年4月最新版】コロッセオのチケット予約&購入方法を完全公開

2019-04-08
トレヴィの泉

【ローマ】大理石の彫刻が美しいトレヴィの泉の見どころ、周辺スポット

2019-04-08
ショルダーバック

【実体験】イタリアのヴェネチアでスリにあった!斜め掛けショルダーバックは危険!?

2019-03-22


スポンサーリンク


スポンサーリンク