ボンに来たら「ボンシュ」を飲もう!|一押しのビール醸造所『ブラウハウス ボンシュ』

ブラウハウスボンシュのビール

先日ボンに行った際、美味しいビールを見つけたので紹介したいと思います(*‘∀‘)

その名も・・・

 

ボンシュ!!

 

です。


ブラウハウス ボンシュについて

 

基本情報

 

Brauhaus Bönnsch

 

Sterntorbrücke 4, 53111 Bonn

【営業時間】

月~木 11:00 – 1:00

金・土 11:00 – 3:00

日曜日 12:00 – 1:00

【電話】

+49 228 – 65 06 10

Brauhaus Bönnsch • Restaurant, Events & Brauhaus – Home

 

 

アクセス

 

ボン中央駅からは、電車またはバスを利用すると5分ほどで着きますが、歩いても10分かかりません。

 

 

  • ボン中央駅から地下鉄61/62/66で2駅「Bonn, Stadthaus」下車徒歩1分
  • ボン中央駅からバス537/600/605/608/640で2駅「Bonn, Friedensplatz」下車徒歩1分
  • ボン中央駅から徒歩8分

 

 

ボンシュってボンの地ビールなの?

ブラウハウスボンシュのビール

 

『ブラウハウス ボンシュ』で飲めると有名なボンシュ。

 

なんかこの響き、聞いたことありません??

 

そう、デュッセルドルフから電車で30分ほどで行けてしまう大聖堂で有名なケルシュの地ビール【ケルシュ】。

 

なるほど(*‘∀‘)

ケルン = ケルシュ

ボン = ボンシュ

なのね!!

 

と思っていたのですが・・・

調べたところ、ボンシュはボンの地ビールというわけではありませんでした(/・ω・)/

 

ボンでは、地ビールとしてはケルシュが飲まれているそうです。

つまり、ボンシュはボンの地ビールではなく、『ブラウハウス ボンシュ』が自家醸造所でつくっている一商品なのです。

 

スポンサーリンク

ブラウハウス ボンシュに行ってきた

 

それでは、店内の様子や私たちのオーダーしたメニューを紹介していきます♪

 

ブラウハウス ボンシュの雰囲気

ブラウハウスボンシュ外観

 

お店を目指して歩いて行くと、見えてきました!

お店の前にはテラス席が用意されていて、早い時間から賑わっています。

 

観光客というよりは、地元の人が多い印象です。

 

店内は少し照明が落としてあり、THE★ドイツのビアホールというよりは、少しオシャレで居心地のいい雰囲気です。

 

ブラウハウスボンシュの店内

 

実は私たち、デュッセルドルフから日帰りで出掛ける時は帰りの時間が遅くなるのが嫌なので、16時、17時頃に夕食を済ませることにしているのですが・・・

この時間ならさすがに空いてるよね!と16時半頃お店へ行くと、既にこの混雑具合でした(;・∀・)

 

ブラウハウスボンシュの店内

 

既にほとんどのテーブルが埋まっていて、空いているテーブルも「予約席」の札が。。

奥の方まで進んでいき、なんとか空いている席をGET(*‘∀‘)

 

 

ブラウハウスボンシュの店内

 

私たちの次にお店に入って来た2人組は空いているテーブルがなく、諦めてました。

週末だったから、というのもあると思いますが、来店時は事前に予約をしておくと安心だと思います♪

 

ちなみに、ブラウハウス ボンシュの醸造機はこんな感じ。

 

ブラウハウスボンシュ醸造所

 

メニュー紹介

 

まずはボンシュを2つオーダーしてみます。

 

ブラウハウスボンシュのビール

 

きました!

こちらが本日のお目当てのボンシュ。

緩やかな弧を描くようなカーブが特徴のビールグラスです。

ボンシュ専用のビールグラスですね(*‘∀‘)

 

ちなみに、このビールグラス、店内専用なのだとか。

テラス席では普通のビールグラスになってしまうので、このビールグラスで飲みたい場合は店内の席を確保するようにしてください。

 

飲んでみると、ケルシュともアルトビールとも違う味わい・・・

ピルスナーに似てるかな?

少し酸味が強いように感じました。

 

私のようにビールの苦みが苦手な人は、ケルシュやアルトビールの方が飲みやすいかも(;・∀・)

 

そしてビールを堪能したので、いよいよ料理をオーダー。

 

こちらはメニュー「Rotbarsch paniert und gebraten 14,90€」で、白身魚を揚げたものです。

 

ブラウハウスボンシュのメニュー一例

 

そう、こういうの食べたかった!

タルタルソースが美味しくて(*‘∀‘)

今までドイツ料理を食べるときはお肉料理ばっかり頼んでたけど、これからは魚料理を選ぶようにしようかな。

 

こちらは定番の「Bönnsche Currywurst 11,20€」、カリーヴルストです。

 

ブラウハウスボンシュのメニュー一例

 

今まで食べたカリーヴルストの中では少し味が濃い目の印象。

これはボンシュがすすんでしまいそうです(*‘∀‘)

 

地ビールではないですが、地元の人にも人気のボンシュ。

ボンを訪れたときはぜひボンシュを飲みに行ってみてください♪

 

ボンの観光ならハリボー工場直営店(アウトレット)もお見逃しなく!

 

 

あわせて読みたい
▼ドイツ旅行中はスリに注意!私のスリ被害体験談はこちら▼
CHECK!デュッセルドルフでスリにあった!実体験による犯行手口・被害直後にやるべきこと・反省点・今後の対策を徹底分析

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク