【旅行記】ルクセンブルク〜ベルギー(ブリュッセル&ブルージュ)2日目|女子旅

ベルギーのブルージュ街並み

女2人旅、2日目は日帰りブルージュです。

ブルージュへ出発前に、朝食を食べにギャラリー・サンチュベール内の『Le Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)』というベーカリーカフェへ。

ブリュッセルの「ル・パン・コティディアン」

ブリュッセルは早い時間から開いているカフェが意外と少ないのですが、このお店は7:00から営業してます。

2人でシェアしようと、朝食セットを2種類オーダーしました。

「ル・パン・コティディアン」の朝食セット

美味しそう~(*‘∀‘)

テーブルに置いてあるジャムはつけ放題なのですが、このジャムが美味しすぎて!!

「ル・パン・コティディアン」のジャム

特にヘーゼルナッツバターが絶品!!(*‘∀‘)

ジャム系は購入も可能でヘーゼルナッツバターを買って帰ろうか悩んだのですが、旦那がナッツ系苦手だった気がしたので我慢しました。

帰国後に確認したらやっぱり苦手だった。。

小さい瓶で売ってたら買ったんだけどな〜

人気店のようで私たちがお店を出た時は満席でした。

1時間ほどで朝食を済ませる予定が、2時間もカフェに居座っていたようです(;・∀・)

居心地いい&量が多くて食べ終わるのに時間がかかるのよね〜

気を取り直して、ブルージュへ向かいます♪

ブリュッセルからブルージュへはICの直通で1時間程度。料金は大人片道14.1€です。

チケットは当日券売機または駅の窓口で購入可能です!

座席は自由席で予約制ではなく、時間も決まってないため、行きも帰りも好きな時間の電車に乗ることができます。

ちなみに、「ブルージュ行き」の電車があるわけではないので少し分かりづらいのですが、ブルージュへ行くときは「Gand-St-P Blankenderge」行きに乗るとブルージュへ着きます。

ブリュッセル駅の電光掲示板

そしてブルージュへ到着!

ブルージュ駅外観

ブルージュ駅周辺は閑散としています。

まずはベギン会修道院へ。

ブルージュ駅からベギン会修道院は徒歩10分程度です。

ブルージュ街並み

時期的に緑が少なくちょっと寂しいですが、それでも風情のある街並みです。

ブルージュ街並み

赤煉瓦の建物が両手に並び、ブルージュが”屋根のない美術館”といわれる理由がわかります。

ブルージュの「愛の湖公園」

「愛の湖公園(Minnewater park)」を横目に歩きながらベギン会修道院へ。

そして、ベギン会修道院へ到着!

ブルージュの「ベギン会修道院」

現在もここで暮らしている修道女がいるため、敷地内では静かにする必要があります。

小さなお子さんがいて不安な場合は残念ですが、外観だけに留めることも考えた方がいいかもしれません(;・∀・)

時期の問題か、私たちが行った時は団体客もなく、街の喧騒から離れたとても静寂した空間でした。

ブルージュの「ベギン会修道院」中庭

中庭にはスイセンの花が少しずつ咲き始めていて、心が落ち着くような気がします。

お財布を持って行ったスリへの恨みは消えませんでしたが(/・ω・)/

お財布

デュッセルドルフでスリにあった!実体験による犯行手口・被害直後にやるべきこと・反省点・今後の対策を徹底分析

2019-03-18

ベギン会修道院を出ると、愛の湖公園へ向かって広がる敷地に白鳥がたくさんいました。

ブルージュ街並み

とってものどかな感じ。

ブルージュ街並み

お天気が雲りベースなのが残念。。

ブルージュ街並み

次回は晴れの日に旦那と来てみたいな~(*‘∀‘)

旅行の計画時点でブルージュではクルーズをしたいと予定していたので乗り場を探してうろうろ・・・

ブルージュの和食レストラン「TANUKI」

途中、『TANUKI』という日本食のお店を見つけました。

ブルージュの和食レストラン「TANUKI」の看板

お店の前では可愛いタヌキがお出迎え。

持っているメニューを見ると、

たぬき弁当 €29.00  !!

可愛い顔して全く可愛くないメニューを持ってるタヌキでした(/・ω・)/

そして驚いたのが、あちこちにチョコレートショップがあること!

ブルージュのチョコレートショップ

東京を歩いていてコンビニで出くわす以上の頻度です。

ブルージュのチョコレートショップ

どれも美味しそうで全部買いたい~

小さい箱に16個入りで5,40€というお得なBoxを見つけたので友人と2人で購入♪

ブルージュで購入したチョコレートBox

ショーウィンドウから選べるようになっていて、選んでるだけで楽しめました(*‘∀‘)

ブルージュのチョコレートショップ

イースターが近いので、ウサギや卵のチョコレートがたくさんあります。

それにしてもほんとに街が可愛い。。

ブルージュ街並み

やっとクルーズ船の乗り場を見つけました!

ブルージュのクルーズ乗り場

料金は大人一人10€(30分)です。

クルーズ中、係の人がオランダ語・英語でガイドしてくれるのですが、よく分からなかったので無心で写真撮影に徹しました。

ブルージュのクルーズの様子

こんな感じで進んでいきます。

ブルージュのクルーズの様子 ブルージュのクルーズの様子

最初は30分って少し短い?と思いましたが、結構な寒さだったので3月だと30分くらいでちょうどいいかもしれません。

クルーズ後は、お腹がすいてきたので歩いていて見つけた『T Schrijverke』というレストランにふらっと入ってみました。

ブルージュ「T Schrijverke」

このレストラン、帰国後に調べて気付きましたが、実はGoogle評価が4.0で意外と高評価!

ヨーロッパ各国の料理が色々揃っていて、ベルギー名物のムール貝やワッフルもオーダー可能です。

ムール貝はかなりのボリュームのため、ここでは普通にパスタをオーダー。

ブルージュ「T Schrijverke」でオーダーしたパスタ

食べきれなかったけど美味しかった(*‘∀‘)

そして念願の!!チェリービールです。

ブルージュ「T Schrijverke」のチェリービール

ベルギーにはチェリービールを買いに来たと言っても過言ではないほどチェリービルが大好きな私たち夫婦。

昨年夏にデュッセルドルフで開催されていたフランス祭で飲んで以来お気に入りなんです♪

かなり甘味があり、もはやジュース!!

これならビール苦手な人でも全然飲めちゃいます。

お腹を満たしたら、次はぶらり街歩きです。

こちらは聖母教会。

ブルージュの聖母教会

ブルージュで1番の高さを誇る建築物だそうです。

ブルージュの街並み

聖母教会から7分程歩くと、旧裁判所・公文書館・市庁舎・聖血礼拝堂が集まるブルグ広場へ到着します。

広場に向かって左手から順にみていくと、まずこちらが旧裁判所です。

ブルージュの旧裁判所

そしてその隣のこぢんまりとしたルネサンス様式の建物が公文書館です。

ブルージュの公文書館

その隣には、ベルギー最古の市庁舎があります。

ブルージュの市庁舎

そしてこちらが聖血礼拝堂。(写真の右手に写っている建物です)

ブルージュの聖血礼拝堂

キリストの聖血が保存されていることでも有名です。

今回は外観のみでしたが、内部は外観からは想像できないような豪華絢爛な内装の教会だそうなので、次回は内部も見学してみたいと思います!

次が今回の目的観光スポットでは最後のマルクト広場です。

マルクト広場はブルグ広場から徒歩2分ほどの場所にあり、ブルージュのシンボルでもある鐘楼もこのマルクト広場にあります。

ブルージュの観光馬車

マルクト広場周辺では観光馬車にたくさん出くわしました。

こちらがブルージュのシンボル、鐘楼です。

ブルージュの鐘楼

この鐘楼、登ることも可能なのですが、なんとその数366段!

エレベーターがなく、階段のみ利用可能で、階段は狭いうえ、登る人も降りる人も同じ階段を使うため、登る場合は少し注意が必要です(;・∀・)

私たちは時間の関係と、私が朝から体調があまりよくなかったため今回は外観のみにしておきました。

天気のいい日に登ってみたらキレイなんだろうな~

マルクト広場の中心にはブルージュの英雄、ヤン・ブレイデルとピーター・デ・コーニングの像が佇んでいます。

マルクト広場の像

そしてその像の後方には、カラフルな可愛らしい建物が軒を連ねていました(*‘∀‘)

絵ハガキみたいですね~

マルクト広場で特に存在感を放っているのは州庁舎です。

ブルージュの州庁舎

この州庁舎は、最初に建てられたのは1200年代ですが、その後何度か破壊や火災で再建されています。

現在の州庁舎は、1920年に再建された比較的新しい建築物だそうです。

ひととおり目当ての観光スポットをまわったので、ブルージュに着いた当初目を付けていたカフェ『Tearoom Carpe Diem』へ。

ブルージュ「Tearoom Carpe Diem」

ベルギーワッフルのうちの一つ、”ブリュッセル風ワッフル”をオーダーしました(*‘∀‘)

ゥルージュ「Tearoom Carpe Diem」のワッフル

トッピングはチョコレートソース。

生地自体は日本のワッフルの方がバターの味が濃くて美味しいですが、やっぱり本場ベルギーのチョコレートソースは絶品です!

生地の味が主張してないところがチョコレートソースと合ってるのかな?

ワッフルのお供は・・・もちろん(?)チェリービールです♪

ブルージュ「Tearoom Carpe Diem」のチェリービール

お店によって出てくるチェリービールの種類が違うのもお楽しみポイントですね。

『Tearoom Carpe Diem』で飲んだチェリービールは、ランチの時のチェリービールより甘味が控えめで、ビール感があります。

17時前までワッフルを楽しんでいたので、本日の夜ご飯も軽めにすることがここで確定しました(/・ω・)/

ワッフルを堪能したら、遅くならないうちに!とブリュッセルへ向かいます。

19時頃ブリュッセルへ到着し、そのままブリュッセルの世界遺産「グラン=プラス」へ。

ブリュッセルの「グラン=プラス」

さすがです!

”世界で最も美しい広場”といわれているのも納得です。

翌日夕方頃にも行ってみたのですが、やっぱり夜の「グラン=プラス」の方が感動でした♪

この後2,000種類以上のビールが飲めるという『デリリウム・カフェ』へ。

途中、小便少女を見つけました。

ブリュッセルの小便少女

檻に入れられてるのね・・・ちょっと可哀想(;・∀・)

最初は『デリリウム・カフェ』のブリュッセル本店へ向かったのですが、少し細い道に入っていく必要があり、道端でお酒を飲んでるグループも何組かいたので、ちょっと危険かなと思いすぐ場所を離れました。

この道を進むと『デリリウム・カフェ』があり、奥は行き止まりです。

ブリュッセルの小道

旅行前に調べたときは”人通りが多くて治安がいい”とネット上に書いてあったのですが、私はちょっと怖いかな。。

16時17時などまだ明るい時間なら大丈夫かもしれないですが、19時以降女性だけで行くときは十分気を付けてください!

『デリリウム・カフェ』が行けなくなってしまったので、他に候補にあげていた『Moeder Lambic (Fontainas)/ムーデル ランビック (フォンテーナ店)』へ行きました♪

ムーデル ランビック (フォンテーナ店)』は小便小僧から徒歩3分ほどに位置しています。

お店へ向かう途中、小便小僧を見つけたのでパシャリ。

ブリュッセルの小便小僧

周りに柵があり、なんか遠い!!そしてなんか小さい(/・ω・)/

ムーデル ランビック (フォンテーナ店)』の店内は薄暗く、落ち着いた雰囲気です。

「ムーデル ランビック (フォンテーナ店)」の店内

お腹がいっぱいだったので、一人ビール1杯+パテをシェアしました。

「ムーデル ランビック (フォンテーナ店)」のパテ

私がオーダーしたのは「Kriek Cantillon(5.1€)」というチェリービールです。

「ムーデル ランビック (フォンテーナ店)」のチェリービール

本日チェリービール3杯目(*‘∀‘)

「Kriek」がチェリーで「Cantillon」は醸造所の名前です。

お味は・・・酸味!!!酸味が強すぎる!!

そして甘味が全くない!!

調べたら、「Cantillon(カンティヨン)」醸造所は古くから酸味の強い本格的なランビックを造り続けていて、どのビールも一口飲めばCantillonと分かるほど強烈な味なんだとか。。

「ランビック」自体が野生酵母を使った酸味の強い伝統的なビールを指すので、その中でも更に強烈な酸味のビールなんて(;・∀・)

勉強になりました。。

明日は一日ブリュッセルの観光です!

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク


2 件のコメント

  • ( id:turquoise-pomander )さん
    美味しい朝食があるとその日のいいスタートがきれますよね(^^)ヘーゼルナッツバターは他のジャムが目に入らないくらい美味しかったです🐱❣️(もちろん、他のジャムも美味しかったですが)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です