【旅行記】マッターホルングレッシャーパラダイス|スイス最終日

マッターホルングレッシャーパラダイス

 

先日、夫婦で5泊6日のスイス旅行に行ってきました。

実はスイス旅行の計画を立てたのはこれで3度目。

1度目は夫が有給とれず、2日目はコロナでキャンセルになり、3度目の正直でやっと念願のスイス旅行に行くことができました。

 

旅程の中で利用した空港、飛行機、レストラン、ホテル、各展望台やハイキングコースの雰囲気などは別記事でまとめています。

CHECK!コロナ禍でのスイス旅行|空港、ホテル、レストランなどの状況まとめ

 

 

***旅行日程***

 

デュッセルドルフ ⇒ グリンデルワルトへ
1日目 グリンデルワルト周辺散策
2日目 フィルスト展望台と周辺ハイキング
3日目 ユングフラウヨッホと周辺ハイキング
グリンデルワルト ⇒ ツェルマットへ
4日目 ゴルナーグラート展望台と周辺ハイキング
5日目 スネガ展望台と周辺ハイキング
6日目 マッターホルングレッシャーパラダイス ←この記事はここ
ツェルマット ⇒ デュッセルドルフへ

 

 

1日目は午前中に飛行機でデュッセルドルフからグリンデルワルトへ移動し、午後はグリンデルワルト周辺を散策。

2日目はフィルスト周辺を、3日目はクライネ・シャイデック周辺をハイキング。。

4日目の午前中にツェルマットへ移動し、4日目はゴルナーグラート周辺、5日目はスネガ周辺をハイキングしました。

6日目は最終日で、午前中マッターホルングレッシャーパラダイスに上り午後のフライトで帰国です!

 


【旅行記】マッターホルングレッシャーパラダイス

 

最終日、日本人橋から朝陽に照らされたマッターホルンを見に行こうか迷ったのですが・・・

ホテルから日本人橋が結構遠かったのでお部屋から朝陽を堪能。

 

徐々にマッターホルンの先端が朝陽に照らされて黄金に。

 

ホテルから見るマッターホルン

 

雲がかってるのが残念!

黄金のマッターホルン?です。

 

ホテルから見るマッターホルン

 

朝一は雲が多くて心配だったのですが、陽が昇りきる頃には雲も捌けてくれて一安心。

 

ホテルから見るマッターホルン

 

今日は午後のフライトなので午前中のうちにマッターホルングレッシャーパラダイスに行きます。

 

途中、日本人橋があったのでマッターホルンをパシャリ。

 

日本人橋から見るマッターホルン

 

日本人がたくさん集まるから「日本人橋」と名前がついたと聞いたのですが・・・

日本人、いました!!(私たち以外に)

さすがです。

 

マッターホルンを見ながらロープウェイ乗り場に向かいます。

朝からマッターホルンだらけです。

 

最終日なので、マッターホルンを目に焼き付けておきます。

 

ツェルマットの風景

 

ツェルマットからマッターホルングレッシャーパラダイスまでは以下のルートで行きます。

 

ツェルマット
↓ (ロープウェイ 5分)
フーリ
↓ (ロープウェイ 20分)
トロッケナー・シュテーク
↓ (ロープウェイ 10分)
マッターホルン・グレッシャー・パラダイス

 

ただ、「フーリ」では乗り換えとかはなく「トロッケナー・シュテーク」で一度乗り換えるだけでした。(紛らわしい!)

勘違いして「フーリ」で降りてしまい、慌てて空いているロープウェイを探したのですが全部人が乗っており。。

一人だったおじさんが呼んでくれたので、有難く同席させてもらいました。

 

こんな感じの景色を見ながらマッターホルングレッシャーパラダイスを目指します。

 

マッターホルングレッシャーパラダイス

 

「トロッケナー・シュテーク」で乗り換え。

ここからはこんな感じ↓の大きなゴンドラに乗ります。

 

マッターホルングレッシャーパラダイスのロープウェイ

 

ゴンドラから見える景色がすごい!

よくもまあこんなところにゴンドラ作ったな~という感じ。。

 

マッターホルングレッシャーパラダイスのロープウェイ

 

ゴンドラからは右手にしっかりとマッターホルンが見えます。

帰りも左手にマッターホルンが見えるのですが、ゴンドラのロープが邪魔になってしまうので行きに思う存分堪能するのがおすすめ。

 

マッターホルングレッシャーパラダイス

 

大きなゴンドラにフーリで呼んでくれた優しいおじさんと3人だけだったので、みんな(主に男性2人)が写真を撮るわ撮るわ。

私が必死に服を着こむ横で夫がたくさん写真を撮っておいてくれました。

 

マッターホルングレッシャーパラダイスのロープウェイ マッターホルングレッシャーパラダイスのロープウェイ

 

な、なんかすごい・・・(語彙力)

 

マッターホルングレッシャーパラダイスのロープウェイ

 

まだまだ上ります。

 

マッターホルングレッシャーパラダイス

 

下を見ると・・・

 

ぎょぎょぎょ。

 

マッターホルングレッシャーパラダイス

 

な、なにこれ!!

きもすぎる~

 

いや、こんな氷河をこんな角度でこんな間近で見ることなんてないので「すごい」が正解なんでしょうが・・・

なんかきもい!!

いやほんと、よくこんなところにゴンドラ作ったよね~

 

マッターホルングレッシャーパラダイスのロープウェイ

 

まだまだ上ります。最後の追い込みすごい。

どこまで上るの~

 

マッターホルングレッシャーパラダイスのロープウェイ

 

よくもまあこんなところにゴンドラ作ったよね(本日3回目)と声を大にしていいたいくらいなんかすごいところに乗り場が。

 

マッターホルングレッシャーパラダイスのロープウェイ

 

マッターホルングレッシャーパラダイスに到着しました!

 

マッターホルングレッシャーパラダイス

 

こちらはスキー場。

1年中スキーができるとのことで、スキーウエアを着てスキー板やスノーボードを持って準備万端!のグループがたくさんいました。

 

マッターホルングレッシャーパラダイス

 

ウィンタースポーツ好きだったら、マッターホルングレッシャーパラダイスで滑れるなんて至福ですよね~

 

私たちは見る専門だったので、展望台へ。

マッターホルンが目の前に!!

 

マッターホルングレッシャーパラダイス

 

お天気に恵まれて綺麗なマッターホルンが見えました。

 

マッターホルングレッシャーパラダイス

 

天気がいいとフランスからオーストリアまでのパノラマが見えるということですが・・・

これは曇っちゃってる方なのかな?

もっと完全快晴とかじゃないと見えないのかな~

 

マッターホルングレッシャーパラダイス

 

晴れてるのか曇ってるのか、どこまで見えてるのかも分からないのですがとりあえずパノラマ撮影↓

 

マッターホルングレッシャーパラダイス

 

マッターホルンから視線を右にずらすと目の前にはブライトホルンが。

 

マッターホルングレッシャーパラダイス

 

展望台にはシアタールーム?もありました。とりあえず写真だけ。。

 

マッターホルングレッシャーパラダイス

 

ツェルマットでお昼を食べてから空港に向かう予定でそこまでのんびりする時間もなかったため、滞在1時間ほどでツェルマットへ戻ります。

 

ツェルマットに戻ってきたのが10時半頃だったのですが、朝はそこまで人が多くなかったものの、私たちが戻ったときはロープウェイ乗り場に長蛇の列ができていました。

トロッケナー・シュテークからマッターホルングレッシャーパラダイスまでのゴンドラが3人だけだったなんてちょっと信じられないくらいの行列。。

マッターホルングレッシャーパラダイスにのぼるときは朝一がおすすめです。

 

ツェルマットの風景

 

再び日本人橋を通って街に戻ります。

なんかマッターホルンの山頂に雲がくっついちゃってる。。

 

日本人橋から見るマッターホルン ツェルマットの街並み

 

お昼は「Whymper-stube」というレストランへ。

ラクレットとシュニッツェルをオーダー。

 

レストラン「Whymper-stube」のメニュー

 

ラクレットは温めたチーズをパンの上にかけたものが出てくると思っていたのですが。。

お皿にそのままチーズ!

そして、じゃがいも!

 

お皿に乗せたチーズフォンデュじゃん!!

 

ただ、このラクレットのチーズめちゃくちゃ美味しかったです。

チーズフォンデュのチーズとは種類が違うのかな?

 

この2品+お酒2杯+お水ボトルで44.5CHFでした。

 

最後に余った現金を全て使い切るためにLindtのチョコレートを購入。(と言っても量り売り数粒ですが。。)

 

ツェルマットの街並み

 

今回のスイス旅行、直前まで天気が心配だったのですがほとんど快晴でハイキング中雨に打たれることもなく、スイスを楽しむことができました。

食事はちょっとあれでしたが、ヨーロッパの中ではかなり上位にくるほど素敵な旅行でした!

 

【旅行記1日目から読む】

<<グリンデルワルト周辺散策|スイス1日目

 

▼今回の旅行のお供▼

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥1,870 (2020/10/01 01:33:26時点 Amazon調べ-詳細)

ヨーロッパ旅行に必要な持ちものリスト


1年で30都市以上ヨーロッパを旅した私が実際にヨーロッパ海外旅行に持っていっている持ちものをまとめました。【大前提の持ちもの】【最低限必要なもの】【荷物に余裕がある場合に持っていきたい持ちもの】と3つのカテゴリー別に紹介しています。

持ちものリストをみる