【旅行記】フィルスト展望台周辺ハイキング|スイス2日目

バッハアルプゼー

 

初掲載日:2020年9月4日

 

先日、夫婦で5泊6日のスイス旅行に行ってきました。

実はスイス旅行の計画を立てたのはこれで3度目。

1度目は夫が有給とれず、2日目はコロナでキャンセルになり、3度目の正直でやっと念願のスイス旅行に行くことができました。

 

旅程の中で利用した空港、飛行機、レストラン、ホテル、各展望台やハイキングコースの雰囲気などは別記事でまとめています。

CHECK!コロナ禍でのスイス旅行|空港、ホテル、レストランなどの状況まとめ

 

 

***旅行日程***

 

デュッセルドルフ ⇒ グリンデルワルトへ
1日目 グリンデルワルト周辺散策
2日目 フィルスト展望台と周辺ハイキング ←この記事はここ
3日目 ユングフラウヨッホと周辺ハイキング
グリンデルワルト ⇒ ツェルマットへ
4日目 ゴルナーグラート展望台と周辺ハイキング
5日目 スネガ展望台と周辺ハイキング
6日目 マッターホルングレッシャーパラダイス
ツェルマット ⇒ デュッセルドルフへ

 

 

1日目は午前中に飛行機でデュッセルドルフからグリンデルワルトへ移動し、午後はグリンデルワルト周辺を散策しました。

2日目はフィルスト展望台周辺(グロッセシャイデック→フィルスト展望台⇔バッハアルプゼー)のハイキングです!

 


【旅行記】フィルスト展望台周辺ハイキング

 

この日はまずグロッセ・シャイデックまでバスで行き、そこからハイキングです。

9:00のバスに乗って30分ほどでグロッセ・シャイデックへ。

 

グリンデルワルトのローカルバス

 

こんな感じの黄色いバスでした。可愛い~

 

そして、グロッセ・シャイデック、いきなり絶景です!!

 

グロッセシャイデック グロッセシャイデック

 

スイスの初展望台だったため、

おおおー!

と、2人でおおはしゃぎ。

 

同じバスに10人くらい乗っていたのですが、私たちが夢中で写真を撮っている間にみなさんさっさとハイキングスタートして気付けば展望台に2人だけ・・・

 

え。。みんなこの景色感動しないの?

こんなの20分でも30分でもここで過ごせるよね??

 

思い残すところなく写真を撮ったらいよいよハイキングスタートです。

 

グロッセシャイデック

 

こんな感じの黄色い看板がハイキングコースの始点終点、途中に立っているのでほとんど迷いません。

ハイキングをスタートすると、すぐに目の前に牛の大群が・・・!

 

グロッセシャイデック→フィルストのハイキングコース

 

な、なにこれ!!

めちゃくちゃスイスっぽい!!

 

牛の首に鈴がついていて牛が草を食べようと頭を動かすたびに鈴がチリンチリンと音を奏でます。

 

グロッセシャイデック→フィルストのハイキングコース

 

こんな牛の大群を見るのも、こんなに間近で牛を見るのもほぼ初めてに近い私たちはまたしても興奮状態で写真・動画を撮りまくり・・・

このグロッセ・シャイデックからフィルストまでのコース、大体の目安は1時間半なのですがなんか既に30分ほど経過。

あれ。。まだ数百メートルしか歩いてないんだけど、大丈夫か我々・・・

 

まあ、この日は1日ハイキングの予定しかないのでゆっくりのんびり進みます。

 

グロッセシャイデック→フィルストのハイキングコース

 

これは・・・滝?

 

グロッセシャイデック→フィルストのハイキングコース

 

こんな感じの雄大な景色を見ながら歩きます。

 

グロッセシャイデック→フィルストのハイキングコース

 

それにしても、人がいない・・・!

グロッセ・シャイデックで私たちが出遅れたからでしょうか。。

途中、数人ハイキング中の人とすれ違いましたがほとんど人がいない中写真を撮りながらハイキングすることができました。

 

グロッセシャイデック→フィルストのハイキングコース

 

グロッセ・シャイデックから暫くは平たんな道のりだったのですが、途中から若干の上りに・・・

ガイドブックには「緩やかなのぼり」と書いてあったのですが、ハイキング初心者にはかなりきつい上りでした。。

 

ひーひー言いながら歩いて行くと先の方に展望台のようなものが。

小屋がいくつか連なっているところがフィルスト展望台です!

 

グロッセシャイデック→フィルストのハイキングコース

 

それにしても、牛達こんな斜めのところにいて落っこちないのでしょうか・・・

以下の写真のロープウェイはグリンデルワルトとフィルストを繋ぐロープウェイで、このロープウェイを使えばグリンデルワルトから直接フィルスト展望台まで上ることもできます。

 

グロッセシャイデック→フィルストのハイキングコース

 

まさに展望台のレストラン!!という感じ。

 

フィルスト展望台 フィルスト展望台

 

レストランを超えて、奥まで進むと撮影スポットが。

グロッセ・シャイデックからのハイキング中はそこまで人はいなかったのですが、やっぱりフィルスト展望台には結構人がいますね~

 

といっても待ち時間は5分~10分ほど。

ハイシーズンにしては少ないのかな?

 

フィルスト展望台

 

網々の歩道の先からはこんな景色が。

なんかもう色々すごい絶景・・・!(語彙力)

後ろの人にカメラを渡して私たちも記念撮影しました!

 

フィルスト展望台

 

展望台にはレストランの他、セルフサービスのものもありました。

ランチはさくっとでいいよね、ということでセルフサービスのところでハンバーガーを購入。

 

フィルスト展望台のランチ

 

ハンバーガー2つと瓶ビール1本、ペットボトルのジュースで37.35€です。

た、高い・・・!

 

食事をとりつつ少し休んだら、今度はフィルスト⇔バッハアルプゼーのハイキングです。

バッハアルプゼーは特に駅とかはないため、そのままファウルホルンを目指すまたはブスアルプを目指す人以外はフィルストに戻ってくる感じになります。

 

フィルスト→バッハアルプゼーのハイキングコース

 

フィルスト展望台の周辺はほんとに牛が多いです。

フィルスト展望台を出発すると、すぐに結構な角度の上り坂が・・・!

 

ハイキングなんて人生初めてくらいの勢いの私にとっては「心臓破りの坂」と言っても過言ではないレベルの坂でした。。

そこを超えると後の道はそこまで激しい高低差はなく歩いていけます。

 

バッハアルプゼーまで向かう途中、珍しい動物に遭遇しました。

これは・・・何??山羊??

 

フィルスト→バッハアルプゼーのハイキングコース

 

こんな感じののどかな道を歩いていきます。

どこを歩いても大体絶景という・・・!

 

フィルスト→バッハアルプゼーのハイキングコース

 

バッハアルプゼーの湖が見えてきました。

 

バッハアルプゼー バッハアルプゼー

 

う、美しい・・・!

湖の周りには少し小さめの岩があり、岩に座って休憩している人がたくさんいました。

 

湖の周りに珍しい植物を発見。

 

バッハアルプゼー バッハアルプゼー

 

これは・・・なに??

拡大するとちょっと気持ち悪い・・・

 

少し引きで撮ってみます。

 

バッハアルプゼー

 

30分ほど湖の周りで景色を眺めつつのんびりしたら、再びフィルストへ戻ります。

ちなみにグリンデルワルトの気温は30度近かったのですが、標高が高いからかじっと座っていると結構肌寒かったので羽織ものがあった方がゆっくりできます。

 

フィルスト→バッハアルプゼーのハイキングコース

 

フィルストへ戻る途中、またまた珍しい動物に遭遇。

こっちは毛がふさふさしてます。

山羊??私の知っている山羊とは違うような気も・・・

 

フィルスト→バッハアルプゼーのハイキングコース

 

フィルスト展望台に戻ってきました!

展望台の直前で道が2つに分かれていて、右手はこんな感じの網の道を進むルートになっています。(もう片方は普通の土の道)

 

フィルスト展望台

 

網はしっかりしていますが、下を向くと下まで見えてしまうので高所恐怖症の人は渡るのちょっと怖いかもしれません。

高所恐怖症の夫はびくびくしながら渡ってました。

 

途中、こんな望遠鏡もあります。

 

フィルスト展望台

 

フィルスト展望台に到着・・・!

スイスらしい~

 

フィルスト展望台

 

フィルストからグリンデルワルトまで徒歩でも行けるのですが、散々歩き回って足が棒だったのでフィルスト展望台からグリンデルワルトまでロープウェイで戻ります。

 

フィルスト→グリンデルワルトのロープウェイ

 

いったんホテルへ戻り休んだら、ディナーです。

今日は事前に予約していた「Barry’s」というレストランへ。

 

チーズフォンデュが美味しいという口コミを見ていたので、サーモンの前菜とチーズフォンデュをオーダー。

 

レストラン「Barry's」のチーズフォンデュ

 

こちらがチーズフォンデュです。

まさかの・・・じゃがいもとパンのみ!!!

 

日本でよくあるようなカラフルなチーズフォンデュを想像していたので、あまりの衝撃に2人でたじたじ・・・

いや、チーズは美味しかったんですけどね。。

じゃがいもとパン。。

なんなら旅先で食べたくない食材No1とNo2が揃っちゃったみたいな感じです。(ドイツで散々食べてるので)

 

レストラン「Barry's」のメニュー一例

 

こちらはサーモンの前菜。

パンの上にサーモンが乗っていて、その上に山盛りのルッコラが。。

またしてもパンな上にルッコラ大嫌いな私は涙目です←

 

この2品+ビール+ボトルの水で61.15EURでした。(カード払いで€が選べたので€で)

私たち、スイスでは食は楽しめないかもしれない・・・

 

明日はメンリッヒェン→クライネ・シャイデック→ユングフラウヨッホ→アイガーグレッチャー→クライネシャイデックと盛りだくさんです!

 

【旅行記1日目から読む】

<<グリンデルワルト周辺散策|スイス1日目

【旅行記3日目を読む】

ユングフラウヨッホとクライネ・シャイデック周辺ハイキング>>

▼今回の旅行のお供▼

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥1,870 (2020/10/01 01:33:26時点 Amazon調べ-詳細)

ヨーロッパ旅行に必要な持ちものリスト


1年で30都市以上ヨーロッパを旅した私が実際にヨーロッパ海外旅行に持っていっている持ちものをまとめました。【大前提の持ちもの】【最低限必要なもの】【荷物に余裕がある場合に持っていきたい持ちもの】と3つのカテゴリー別に紹介しています。

持ちものリストをみる