【旅行記】グリンデルワルト周辺散策|スイス1日目

グリンデルワルトの風景

 

初掲載日:2020年8月24日

 

先日、夫婦で5泊6日のスイス旅行に行ってきました。

実はスイス旅行の計画を立てたのはこれで3度目。

1度目は夫が有給とれず、2日目はコロナでキャンセルになり、3度目の正直でやっと念願のスイス旅行に行くことができました。

 

旅程の中で利用した空港、飛行機、レストラン、ホテル、各展望台やハイキングコースの雰囲気などは別記事でまとめています。

CHECK!コロナ禍でのスイス旅行|空港、ホテル、レストランなどの状況まとめ

 

 

***旅行日程***

 

デュッセルドルフ ⇒ グリンデルワルトへ
1日目 グリンデルワルト周辺散策 ←この記事はここ
2日目 フィルスト展望台と周辺ハイキング
3日目 ユングフラウヨッホと周辺ハイキング
グリンデルワルト ⇒ ツェルマットへ
4日目 ゴルナーグラート展望台と周辺ハイキング
5日目 スネガ展望台と周辺ハイキング
6日目 マッターホルングレッシャーパラダイス
ツェルマット ⇒ デュッセルドルフへ

 

 

1日目は午前中に飛行機でデュッセルドルフからグリンデルワルトへ移動。

午後はグリンデルワルト周辺を散策しました。

 


【旅行記】グリンデルワルト散策

 

この日は早朝フライトでまずはデュッセルドルフからチューリッヒへ。

今回は都市観光ではなくハイキングが目的だったので、チューリッヒ観光はせずそのまま鉄道でグリンデルワルトへ移動します。

途中ベルンを通るので旅行前は1~2時間ベルン観光をする予定だったのですが、旅行の後半が雨予報だったので最終日に雨が降ったらそのときベルンは観光すればいいかな、とベルン観光も飛ばしました。

 

  • チューリッヒ空港 → ベルン(約1時間半)
  • ベルン → インターラーケン(約50分)
  • インターラーケン・オスト → グリンデルワルト(約30分)

 

と2回乗り換えがあったので結構大変・・・。

 

なんとかグリンデルワルトへ到着。

 

グリンデルワルトの風景

 

直前までずっと雨が続いていて、これが続くとやだな~と思っていたのですが。。

私たちがスイス入りする前日から快晴に!!

空気が透き通っていてとてもキレイです。

 

グリンデルワルトは小さな村なのかな?

メイン通り沿いにレストランやホテルが立ち並び、端から端まで歩いても30分かからないほどです。

こんな感じの可愛らしいホテルが並んでいました。

 

グリンデルワルトの風景

 

ちょうどお昼の時間だったので「Bebbis」というレストランでランチにすることに。

街をふらっと歩いてみて、人が結構入ってそうだったのでこちらのレストランにしました。

 

こんな感じのテラス席をGET。

 

レストラン「Bebbis」のテラス席

 

チーズフォンデュやスイス料理もいくつかあったのですが、お昼はさくっと済ませようとピザとサラダをシェアしました。

 

レストラン「Bebbis」のメニュー一例

 

このサラダ、横から撮った写真がないのですがかなり深さがあり4~5人分くらいはありそうな量でした。

ピザ+サラダ+ビール+ロゼで43€。(カード払いで€が選べたので€で)

やっぱりスイスは食費が高めです。。

 

ランチ後はいったんホテルにチェックインを済ませ、その後グリンデルワルト周辺の散策をすることに。

るるぶスイスに載っていたグリンデルワルト散策コースを参考にしました。

 

日本語観光案内所を出発地点に、グリンデルワルトの南側に進み川に架かる橋を渡って林?の中の道を川沿いに歩きグリンデルワルトのメインストリートに戻るというコースです。

 

グリンデルワルトの風景

 

こんな感じの景色を見ながら散策スタート。

山の方にパラグライダーが飛んでいます。

こういうのを見るとスイスに来た!!という感じがしますね~

 

グリンデルワルトの風景

 

のとかな風景。

夫は老後こんなところに住むのもありらしいのですが・・・

うーん、、私は遠慮しようかな。。

 

旅行で来るのがちょうどいいですよね。

 

グリンデルワルトの風景

 

マイナーなコースなのか、コロナのせいで観光客がいないのか分からないのですが、ほぼ人がいません!

 

グリンデルワルトの風景

 

静かな道をただひたすら山を見ながら歩くという。

しばらく歩くと、少し大きめの川に到着します。

 

グリンデルワルトの風景

 

川が白い!!山の雪が溶けてこんな感じの色になっているのでしょうか?

アイガーと川をセットで1枚。

 

グリンデルワルトの風景 グリンデルワルトの風景

 

アイガーを眺めながら橋を渡ると、川のすぐ横に林?森?の中を進む道が。

 

グリンデルワルトの風景

 

山を見ながらの散策はのどかな景色に感動したのですが、林だか森だかの中を歩くのは虫嫌いの私には若干ハードルが高かった・・・

延々歩くと、抜けたあたりに橋があるのでその橋を渡り、グリンデルワルトに戻ります。

 

2つ目の橋を渡ってからグリンデルワルトのメインストリートまでは1時間ほどあるのですが。。

コロナ禍では普段スーパー以外でほぼ外出していない私たちにとって炎天下の中1~2時間の街散策はかなり足にきて、2人ともへろへろ・・・

写真を撮る余裕がなかったのか?この後の写真が全くないのでとりあえず散策の写真はここまでです←

 

そしていったん部屋で休憩し、夕食はホテルのレストランへ。

 

「セントラルホテルヴォルター」のレストラン

 

こんな感じのシックな雰囲気のレストランでホテルの前にテラス席もあります。

 

「セントラルホテルヴォルター」のレストラン

 

テラス席は結構早い時間から満席で、店内も半分以上予約で埋まっているようでした。

実は人気のレストランなのかな?

 

魚のフライとパスタをオーダーしてシェアしました。

魚のフライはイギリスのフィッシュ&チップスのような感じ。

 

「セントラルホテルヴォルター」のレストラン

 

フライドポテトじゃないのでチップスはないのですが。。

 

「セントラルホテルヴォルター」のレストラン

 

私たちが選んだメニューが悪かったのか、料理は正直微妙でした。。

2回くらいホテルで食べていいかなと思っていたのですが、ホテル食はもういいかな・・・

 

ちなみに、この2品+ビール+アップルプンシュで62.12CHFでした。

た、高い・・・!

 

夕方のアイガー。

ホテルの目の前がアイガーで、グリンデルワルト滞在中はたくさんアイガーを堪能することができました。

 

グリンデルワルトの風景

 

明日はいよいよハイキングコースを歩きます。

グロッセシャイデック→フィルスト⇔バッハアルプゼーです!

 

【旅行記2日目を読む】

フィルスト展望台周辺ハイキング|スイス2日目>>

 

▼今回の旅行のお供▼

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥1,870 (2020/10/01 01:33:26時点 Amazon調べ-詳細)

ヨーロッパ旅行に必要な持ちものリスト


1年で30都市以上ヨーロッパを旅した私が実際にヨーロッパ海外旅行に持っていっている持ちものをまとめました。【大前提の持ちもの】【最低限必要なもの】【荷物に余裕がある場合に持っていきたい持ちもの】と3つのカテゴリー別に紹介しています。

持ちものリストをみる