【旅行記】デルフィ&メテオラ修道院1泊2日観光ツアーに参加してきた

ヴァルラーム修道院




先日ギリシャ周遊旅行に行った際、VELTRA(ベルトラ)の【アテネ発デルフィ&メテオラ修道院1泊2日観光ツアー】に参加してきました♪

実は、ツアーへの参加があまり好きではない私たち(;・∀・)

昨年ギリシャ旅行をした夫の知人に「デルフィ&メテオラは個人で行くのはかなり大変」という話を聞いたので、個人旅行は諦めベルトラのツアーに参加してきました。

 

結論。

遺跡好き(夫)には大満足の内容です!

そこで、ツアーの内容や当日の様子などを紹介したいと思います。

 

ちなみに、遺跡に興味がない場合(私)はメテオラのみのツアーがおすすめです!

 

 

▼アテネ発デルフィ&メテオラ修道院1泊2日観光ツアー▼
>>ギリシャの世界遺産めぐり デルフィとメテオラ修道院 1泊2日観光ツアー<アテネ発>

▼アテネ発2つのメテオラ修道院を巡る日帰りツアー▼
>>世界遺産メテオラ 2つの修道院を巡る1日ツアー<列車・タクシー利用/アテネ発>

 


ベルトラの【デルフィ&メテオラ修道院1泊2日観光ツアー】の日程(内容)

 

ベルトラの【デルフィ&メテオラ修道院1泊2日観光ツアー】の日程は以下になります。

 

1日目

 

8:25 ホテルにお迎え または 指定場所へ集合

8:45 ツアー出発

***バス移動約3時間(途中20分休憩1回)***

デルフィ観光(約1時間)

***前半はガイド説明付き、後半は自由行動***

昼食

***レストラン|現地で各自支払い***

デルフィ出発

***バス移動約3.5時間(途中トイレ休憩1回)***

19:00頃 カランバカ到着

***夕食はツアー料金に含まれてます***

 

2日目

 

8:15 ホテルのロビー集合

***朝食はツアー料金に含まれてます***

8:20 出発

***バス移動約30分***

メテオラ修道院2つ見学

***ツアー開催時期や曜日によって見学する修道院は異なります***

メテオラ出発

***バス移動約4.5時間(途中昼食1回、休憩1~2回)***

***昼食はサービスエリア|現地で各自支払い***

19:00頃 アテネ到着

 

バスについて

 

私たちが利用したバスの中にはトイレ・Wi-Fiはありませんでした。

また、デルフィでいったんバスの乗り換えがあります。

 

荷物について

 

途中でバスの乗り換えがあるため、荷物は1泊2日用にまとめる必要があります。

催行会社オフィスへ預けることも可能ですが、営業時間内のみ荷物の預け入れ・受け取りが可能となっています。

 

アテネ発デルフィ&メテオラ修道院1泊2日観光ツアーは、出発時間がオフィス営業開始前です。

また、移動がバスのため帰りも営業時間内に戻ってこれる保証はないので、アテネのホテルなどに荷物を預けておくのがベターです。

 

私たちはツアー参加前と同じホテルを予約しておき、チェックアウト時に「明日の夜またチェックインするので荷物を預かってほしい」旨を伝えました。

 

カランバカのホテルについて

 

ホテルは3つ星か4つ星を選べます。(ホテルランクによりツアー料金が変わります。)

私たちは、寝るだけなので3つ星でいいよね、と3つ星を予約しました。

 

ホテルや部屋自体は特に問題なく利用できましたが・・・

食事が、とにかく粗食というかなんというか。。

ハッキリ言うと、全然美味しくなかったです(;・∀・)

 

4つ星はどうだったか分からないですが、3つ星よりはランクは高いと思うので食事によりテンションが変わる人は4つ星のホテルを予約することをオススメします。

2日間ともランチがものすごく微妙なので、夜ご飯まで微妙だと結構辛いです。。

 

【デルフィ&メテオラ修道院1泊2日観光ツアー】に参加した様子

 

それでは、実際にツアーに参加したときの様子を紹介していきます。

 

1日目 古代ギリシャ宗教の聖地デルフィ

 

泊っているホテルによりホテル送迎があったりなかったり。

私たちは泊まっていたホテルから徒歩3分ほどのホテルのロビーが集合場所でした。

 

無事バスに乗り込み、出発です。

といっても乗り物酔いする私は酔い止めを飲んですぐに就寝。

 

サービスエリア

 

2時間ほどして間に20分休憩が入ります。

トイレはこの階段を上った2階にありました。

1回はカフェになっていて、軽食もオーダーすることができます。

 

デルフィの入口

 

そして、1~2時間ほどしてデルフィに到着。

こちらがデルフィ遺跡の入口です。

 

デルフィ遺跡の入場チケット

 

ガイドさんに入場チケットをもらいます。(料金はツアー料金に含まれています)

こちらのチケットで、デルフィ博物館にも入場できるのでチケットはなくさないようにしましょう!

 

ツアーの前半はガイドの話を聞きながらデルフィ遺跡を見学します。

そして後半は自由時間なので、デルフィ遺跡をじっくり見るのか、デルフィ博物館を見るのか先に決めておいてもいいですね。

 

入口付近から既に見たこともないような気持ち悪い虫が飛んでいて、嫌な予感・・・

 

アテネ人の宝庫

 

こちらはアテネ人の宝庫です。

ちなみに、ガイドはすべて英語なので、事前に勉強していくか軽めのガイドブックを持って行った方が楽しめると思います。

 

アテネ人の柱廊

 

こちらはアテネ人の柱廊。

今は3本しか残っていないですが、もともとは7本あったそうです。

 

アポロン神殿

 

アポロン神殿を上から見下ろしてみます。

多分、色々すごいのだと思うのですが・・・(語彙力)

 

そんなことより、この日、デルフィは30度!!

直射日光!木陰は一切なし!

得体の知れない虫がわんさか!

そして、私は遺跡に興味なし!

 

「炎天下の中、興味のない遺跡を見て、虫から逃げながらよく分からない英語の説明を聞く」って・・・

もはや修行(;・∀・)

 

夫は遺跡が好きなので、テンションだだ下がりの私をよそに一人ではしゃいでいました。

この記事の写真もほぼ夫が撮ったものです(/・ω・)/

 

古代劇場

 

こちらは古代劇場です。

このあたりで、虫に我慢できなくなる私。

 

いや、だってね、、

蜂(ハチ)みたいな雰囲気醸し出した得体の知れない真っ黒なクマンバチくらいのサイズの虫がぶんぶん飛んでるんです。

 

しかも向こうに飛んで行ったかと思いきや、急カーブでこっち目掛けて飛んでくるんですよ(/・ω・)/

 

無理ですよね(/・ω・)/

 

この気持ち悪い虫3匹くらいを一気に見つけたとき、私の心は折れました。

そして、デルフィ遺跡の真ん中で発狂するわたし(;・∀・)

 

 

「帰る!!!!!!!」

 

 

そう夫へ言い捨てて、一目散に出入口までダッシュ(/・ω・)/

後々、夫にこのときの気持ちを聞いたら「あれはほんまに(このままここにいたら)やばいと思った」そうです(/・ω・)/

 

遺跡好きでデルフィ&メテオラを考えている方、同行者が遺跡興味なし+虫恐怖症の場合、発狂する可能性があるので注意してくださいね!

 

デルフィ博物館のスフィンクス像

 

早々に逃げ帰って時間が余っていたので、デルフィ博物館へ。

博物館内は虫もいないし冷房も効いてるしで天国でした。

 

こちらはナクソス人のスフィンクス像です。

 

オンファロスの大理石

 

こちらは、昔ゼウス神が世界の中心の場所を知るために、2羽の鳩を飛ばし、その鳩が出会った場所に置かれていた大理石「オンファロス(へそ)」だそうです。

 

カランバカのホテルのレストラン

 

そして自由時間が終わると、そこから30分ほど移動した場所でランチです。

本当はツアーの他の参加者と相席なのですが、席が足りなかったのか?私たち夫婦だけ呼ばれて団体から少し離れた2人席のテーブルにとおされました。

 

ラッキー(*‘∀‘)

 

ツアー1日目の昼食

 

ギリシャサラダとパスタをオーダー。

 

まあ、食べられます。

食べられますが、美味しいとは決して言えないこの味(;・∀・)

ツアーはこんなものなのかな~

 

カランバカの風景

 

ランチの場所から3~4時間ほどでカランバカへ到着です。

ホテルの前から奇岩群が見えました(*‘∀‘)

 

これはデルフィより全然テンションがあがります!

 

カランバカのホテルの部屋

 

ちなみに、ホテルの部屋はこんな感じ。

可もなく、不可もなく。

3つ星はこんなもんよね、という感じです。

 

カランバカのホテルの部屋(バスルーム)

 

こちらはバスタブとトイレ。

 

カランバカのホテルのレストラン

 

少しホテル周辺を散歩したあと、夕食です。

夕食のレストランは結構キレイな感じでした。

 

カランバカのホテル内プール

 

ホテルにはプールもありました。

私たちは泳いでないですが、宿泊者は多分泳げるのではないかと。。

 

泳ぎたい人は、ツアー会社に確認するか、当日ホテルのスタッフに確認してみてください!

 

カランバカのホテルの夕食バイキングメニュー

 

結構キレイな感じのホテルなので、夕食は少し期待していたのですが・・・

メインは6種類。

 

カランバカのホテルの夕食バイキングメニュー

 

サラダとギリシャヨーグルト。

これにデザートがちょこっとです。

 

カランバカでの夕食

 

おりあえずお皿に盛ってみましたが、なんとも貧相な感じ・・・(;・∀・)

味も見たまんまです。

 

4つ星ホテルにすればよかった~

 

2日目 2つのメテオラ修道院を見学

 

2日目は8:20頃ホテルにお迎えが来て、メテオラ修道院へ向かいます。

 

ヴァルラーム修道院

 

1つ目の修道院はヴァルラーム修道院!

(見学する修道院はツアー開催時期、曜日により異なります)

見てください、この絶景。

 

すごすぎてどう表現したらいいか分からないですが・・・

 

ほんとに、よくこんなところに修道院を作ったなあと(;・∀・)

 

なんとこの修道院、材料を運ぶのに22年かかったにも関わらず、修道院が出来上がるまでに20日しかかからなかったそうです。

荷物を運びつつ少しは組み立てたりしてたのでしょうが・・・

20日って!!

 

荷物運んでた人もびっくりですよね。

一仕事終えた~!!と思っていたら、20日後に完成の報告をもらったときどんな気持ちになったのでしょう(;・∀・)

 

ヴァルラーム修道院からの眺望

 

ヴァルラーム修道院へは、駐車場から少し階段を上っていきます。

階段を上っている途中、視線を横に逸らすとこんな絶景が広がっていました。

 

今回も、デルフィ同様に前半はガイドの説明を聞きながらみんなで内部を見学します。

 

ヴァルラーム修道院内装

 

この、棒をぐるぐる回して紐を巻き付け、荷物を運びあげていたそうです。

 

ヴァルラーム修道院内装

 

こちらが下から運ばれる荷物の入口。

ロープが垂れ下がっているのがわかります。

 

ヴァルラーム修道院のテラス

 

ヴァルラーム修道院には、とっても可愛いテラスがあります。

自由時間中はこのテラスで写真撮影したり、景色を眺めたりとのんびり過ごしました。

 

ヴァルラーム修道院のテラス

 

上の写真の右手前の建物が確かお土産屋さんです。

 

ヴァルラーム修道院のテラスからの眺望

 

テラスからはこんな絶景が!

 

ヴァルラーム修道院のテラスからの眺望

 

少しズームしてみます。

すごいのですが、すごすぎてなんか気持ち悪いという(;・∀・)

 

2つ目の修道院はアギオス・ステファノス修道院でした。

(見学する修道院はツアー開催時期、曜日により異なります)

 

アギア・トリアダ修道院

 

途中、アギア・トリアダ修道院を見かけました。

アギオス・ステファノス修道院よりこっちに行きたいね~と夫と話していたのですが・・・

 

アギア・トリアダ修道院は、130段の階段を上る必要があり、結構ハードなのでツアーでは厳しいのかな?

 

アギオス・ステファノス修道院の外観

 

そして、見えてきました。アギオス・ステファノス修道院です!

アギオス・ステファノス修道院は、メテオラ修道院の中で唯一階段を上らずに行ける修道院です。

 

アギオス・ステファノス修道院

 

こちらがアギオス・ステファノス修道院の入口。

 

この修道院には、教会が2つあります。

一つは、13~14世紀に建てられたもの。

もう一つは18世紀に建てられた比較的新しい建物です。

 

教会内部はとってもキレイだったのですが、写真撮影は禁止でした。残念!

 

アギオス・ステファノス修道院内装

 

アギオス・ステファノス修道院にも可愛らしいテラスがありました。

 

この後アテネへ戻り、今回の【アテネ発デルフィ&メテオラ修道院1泊2日観光ツアー】は終了です。

 

夫は遺跡好きなのですが、ツアーの内容は大満足とのことでした!

今回の旅行記でも紹介してきたように、私のように遺跡に興味なし+虫嫌いの場合、真夏のデルフィ遺跡は避けた方が無難かもしれません。。

冬季で虫も少ない時期なら楽しめそうですが・・・

 

ただ、遺跡や修道院にあまり興味がない私でも、メテオラ修道院はかなり感動&興奮しました♪

ベルトラには1泊2日のツアーだけでなく、メテオラ修道院のみの日帰りツアーなども催行されています。

私のように遺跡に興味がなく虫が苦手な人は、ぜひメテオラ修道院のみのツアーに参加してみてください!

 

【旅行記1日目から読む】

<<【旅行記】ギリシャ周遊アテネ編|夫婦2人旅1日目&2日目

【旅行記5日目を読む】

【旅行記】ギリシャ周遊ミコノス島散策編|夫婦2人旅5日目>>

 

 

▼アテネ発デルフィ&メテオラ修道院1泊2日観光ツアー▼
>>ギリシャの世界遺産めぐり デルフィとメテオラ修道院 1泊2日観光ツアー<アテネ発>

▼アテネ発2つのメテオラ修道院を巡る日帰りツアー▼
>>世界遺産メテオラ 2つの修道院を巡る1日ツアー<列車・タクシー利用/アテネ発>

 

その他、ギリシャには遺跡好きにはたまらない遺跡巡りツアーが多数用意されています。

どのツアーもアテネ集合・アテネ解散なので、ぜひアテネ滞在中に色々ツアーを組み込んでみてください(*‘∀‘)

 

 

あわせて読みたい
▼11泊12日ギリシャ周遊旅行記を書いています▼
CHECK!【旅行記】ギリシャ周遊アテネ編|夫婦2人旅1日目&2日目

▼快適な長時間フライトに必要な落ち物はこちら▼
CHECK!これで長時間フライトも快適!飛行機に持ち込みたいおすすめグッズ

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク






どこに行こう?と思ったら
タウンライフ旅さがし

「タウンライフ旅さがし」は完全無料の海外旅行プラン一括依頼サイトです。海外旅行のプロがあなただけのオリジナルプランを提案します!

\私も依頼してみました/

>>ドイツ旅行プランの提案依頼の流れを見てみる