【スペイン】マドリードからセゴビアに日帰り観光!ローマ水道橋〜アルカサル城までの旅行記!

ローマ水道橋




Yamaeri
今回は、@keisuke_nishinoさんにスペインのマドリードからセゴビアまでの日帰り旅行の様子を教えてもらいたいと思います!
西野けいすけ
西野けいすけです!

昨年の秋に夫婦でスペインのセゴビアを観光してきました。

 

この記事でわかることは以下の3つです!

 

 

  • マドリードから日帰りでの行き方
  • ローマ水道橋〜アルカサルの見どころ
  • 観光の注意点

 

 

特に「あの時知っておけば…」ということを中心に書きますね。

セゴビアはすごく良かったので魅力が伝われば幸いです!

 


セゴビアに日帰り観光!行きは電車・帰りはバス

マドリードのホーム

 

まずセゴビアに行くにはマドリードから「電車」か「バス」の選択肢があります!

私たちは行きは電車で、帰りはバスで行くという謎の行き方をしました笑。

電車を使ったのは「バスで酔ったら観光でフルパワーが出せない!」そう思ったからです。。

 

バスがおすすめな理由

 

結論から言うと、バスのほうが楽だと思いました!

 

もし、もう1回セゴビアに行くなら私はバスを選びます。

比較表を作ったのでご覧ください。

 

バス電車(高速列車)
本数約30分おき1日1〜2便
乗り換えなしあり
所要時間1時間20分~45分45分(電車30分+バス15分)
費用片道5.05ユーロ片道13.9ユーロ
乗車駅モンクロア(都心から近い)チャマルティン(都心から遠い)

※2018年時点

 

上の表を元に、改めて電車での日帰りをおすすめしない理由は主に3つです。

 

 

  • 本数が少なすぎるので乗り遅れたら終わり
  • 結局途中で電車からバスに乗り換える必要がある
  • 乗車駅が都心から遠い

 

 

ということでバスの方が無難なんです!

何があるかわからない海外旅行ですから、1本で確実に目的地にたどり着けるバスを全力でおすすめします。

 

電車での行き方

 

といいつつ行きは電車で行ったので、とりあえず電車でのアクセス方法を説明します(おい笑)

セゴビア行きの高速列車は「チャマルティン駅」から出ています。

 

電車マップ

 

写真に赤丸で3箇所囲っています。

 

 

  • 上の丸が「チャマルティン駅(Chamartin)」で電車の場所
  • 左の丸が「モンクロア駅(Moncioa)」でバス停の場所
  • 下の丸が「ソル駅(Sol)」でマドリード中心の繁華街

 

 

という感じ。

見てもらうとわかりますけど、マドリード中心街の「ソル駅」から高速列車が乗れる「チャマルティン駅」って結構遠いです。

私たちは午後一くらいにソル駅にいたので、地下鉄で35分くらいかかりました。。

 

チャマルティン駅外観

 

そんなこんなでチャマルティン駅到着!

この駅には地下鉄以外に、地上を走る鉄道がたくさん発着をします。そのため駅の中は広いので迷いやすいです。

かなり早く行くことをおすすめします!

 

私たちは30分以上前に着いていましたが、それでも少しワタワタしてしまいました笑

 

チャマルティン駅構内

 

事前にRenfeでインターネット予約をしていったので、該当の時間と行き先を電光掲示板で確認しました。

 

注意
海外だと途中で電光掲示板の表示が、急に変わることがあるので注意しましょう。

 

時間になるとゲートに該当の電車が表示されたので、早めに中に入りました。

しばらくすると電車がやってきたので、乗り込みます。行き先は「LEON」との記載でした。

中は日本の新幹線みたいな感じでそこそこ快適。

田舎の風景を楽しみながら30分ほどすると「Segovia Guiomar」という駅を通るので降ります。

 

バスに乗り継ぎ

チャマルティン駅バス乗り場

 

電車を降りると眼の前にバスが待っていてくれました。

列車の時間に合わせて動いてるっぽいですよ!

 

2種類行き先がありましたが、どちらに乗っても目的には行ってくれるみたいです。

そのままバスで15分ほど移動することに。金額はたしか1~2ユーロくらい。

 

ローマ水道橋〜アルカサル城までの旅行記inセゴビア

 

セゴビアの主要観光名所は

 

 

  1. ローマ水道橋
  2. カテドラル
  3. アルカサル城

 

 

を順番でまわることになります。道なりに進めばこの通りに行けるので安心してください。

 

あと所要時間について!

セゴビアの滞在時間は、ディナー込みでも4時間くらいあれば普通に回れました

余裕を持ちたいなら5時間くらいでいいかなと思います。頑張れば3時間でも可能でしょう。

 

ローマ水道橋

ローマ水道橋

 

バス停で降りると、いきなり見えますよ(なんか逆光がすごいけど)

素晴らしい光景で嫁ちゃんのテンションマックス!!

なんかね。思ってたよりすごかったです。写真で見るより大きくてかっこいいんですよね。

 

1985年にこのローマ水道橋とセゴビア旧市街は世界遺産に登録されたとのこと。

 

ローマ水道橋

 

水道橋をくぐって下からのアングル。立派だなー。

ローマ時代の紀元1世紀に作られたというのですごいことです。

両側に階段や坂があるので登ることもできますよ。

 

ローマ水道橋

 

景色がだいぶ変わるので、必ず登ることをおすすめします!

簡単な展望台みたいになっていました。インスタ映えスポットもたくさん笑

 

セゴビア旧市街入り口

旧市街

 

ローマ水道橋を超えて真っ直ぐ進むと、「Cathedral(カテドラルと読む)」とか「Alcazar(アルカサルと読む)」っていう標識があるのでそれに沿っていけば迷いません。

驚くべきことにたまに日本語もありました。

そしてなんかね。すごいレトロな町並みが広がってていいんですよね〜。

 

お店も左右にいっぱいあります。

 

サン・ミリャン教会外観

 

途中「サン・ミリャン教会」という建物を発見!

中は見ることができませんので外観だけ楽しみましょう。

 

Limón y Menta(リモン&メンタ )

 

このあたりを超えると食べ物屋さんが増えてきます。

お!これは…当然食べますよね?笑

 

ケーキ屋さん

 

眼の前におしゃれなケーキ屋さんがあったので、つい寄ってしまいました。

 

手に持っているのはテイクアウトで買った名物の「ポンチェ」

見た目も名前もかわいい!

アーモンドとシナモンベースのお菓子です。結構砂糖の味が強く正直味は微妙でした。。

 

相方が食べていた普通のケーキのほうが美味しかったです。

なのでもし複数人で行くときは、それぞれ別のものを買うといいでしょう。

 

ポンチェ

 

なかなか人気店のようです。うん、セゴビアでは一番有名なケーキ屋らしい。

お値段は2~3ユーロくらいでした。

一応中でも食べられますが、外のマヨール広場にも椅子もあるのでお好みでどうぞ。

混雑はそこまでしていませんでしたよ。

 

貴婦人とよばれたカテドラル

カテドラル外観

 

リモン&メンタの眼の前にカテドラルがあります。いわゆる大聖堂のことらしいです。

その美しさから通称「カテドラルの貴婦人」と呼ばれているらしいです。

たしかに他の教会とはなにか違う感じがします。まるでドレスを着ているような雰囲気ですね。

 

カテドラル内装

 

カテドラルの中は入ることができます。

たしか3ユーロくらい。

 

天井が高くてすごい!あと柱がすごい繊細な作りでおしゃれなんですよね。

これ作った人すごいわ。

今まで色々な大聖堂に行ったことがありますが、また違った雰囲気です。

 

アルカサルへ

 

アルカサルへ行く途中は味のある町並みに溢れています。

 

旧市街

 

セゴビアの良いところは、観光名所だけでなく街全体の雰囲気なんですよね。

中世にタイムスリップしたような世界観が広がっています。好きですこういうの!

時間に余裕があれば路地に入ってみると面白いですよ。

 

さてしばらく15分くらい歩くとお城が見えてきます。

 

アルカサル外観

 

これがアルカサル(セゴビア城)です!

なかなか大きい!

青いトンガリ屋根で可愛らしい感じ。

 

ディズニーランドの白雪姫に出てくる城に似ていることでも有名です。たしかにそんな雰囲気がありますね。

 

アルカサル外観

 

アルカサルの中は入場できますよ。

入り口の橋を渡って中に入って左に進むと、チケット売り場が。

 

アルカサル料金

 

  • 入場料:5.5ユーロ
  • 塔(別料金):2.5ユーロ

 

 

登れるやつは基本登るスタンスなので、迷わず合計8ユーロ払いました。

建物を一度出て真っ直ぐ行くと、入り口があります。

1階には鎧や兜、青銅器などが展示されています。ちょっとした美術館のような作りです。

キリスト教文化とイスラム文化が合わさった内装でおしゃれ。

 

塔の上に登るためには狭く急な階段を登る必要があります。

「ゼーハーゼーハー」言いながら登ること数分。

頂上に到着!

 

アルカサルからの景色

 

セゴビアの街の全景がよく見えます。茶色をベースとしたレトロな美しい街です。

周りを見渡すと山があったりと結構田舎なんですよね。マドリードやバルセロナとは全く違った良さがあります。

 

私たちは行きませんでしたが、下に降りると遊歩道があり、アルカサルの全景を見ることもできますよ。

お時間と体力に余裕があればぜひ!

帰りは同じ道をたどって戻ります。

 

スポンサーリンク

セゴビアからマドリード行きのバス

 

マドリードに帰るためにはバス停まで戻る必要があります。

 

観光地から少し離れていることもあり、正直結構迷ったのでローマ水道橋からの地図を載せておきますね!

バスステーション自体は狭く、飲み物の自動販売機があるくらいです。

バスの中は結構広く快適でした。Wi-Fiも使えますし。

 

1時間ちょっとでマドリードの「モンクロア(Moncioa)」という地下鉄が通っている駅につきます。

 

その他セゴビア観光の注意点

 

セゴビアはガイドブックで情報があまりないので、いくつか知っておきたかったことをお伝えします。

 

お土産屋さんはあまりない

 

セゴビアにさんはお土産があまりないので、気に入ったら即買ったほうがいいです。

相場はかなり安かったのであまり迷う必要もないかと思います。

そもそもスペイン自体物価が安めですけど、セゴビアはもっと安く感じました。

 

マドリードにはセゴビアの商品はほとんど売っていないので、「ほしい!」と思ったらすぐ買ったほうが後悔しないです。

 

治安は良い

 

マドリードよりかなり治安が良いと感じました。

街全体がほんわかしているので怖い感じは全くしなかったですね。

ただ警戒は忘れずに。

 

天気はマドリードとほぼ同じ

 

秋に行った体感として、暖かさはマドリードとあまり大差ありません。若干寒いくらいでした。

日本との大きな違いは、昼の直射日光が強く暑いこと。でも日陰だとそうでもありません。

また日がかなり長く、19時以降でも普通に明るかったりします。

 

スポンサーリンク

【まとめ】セゴビア日帰り観光

 

セゴビアはマドリードから電車で1時間くらいで行けるおすすめの観光地です。

こじんまりとした街なので、半日くらいの日帰りで回れるのも魅力。

歩いているだけでも楽しいところなので、中世ヨーロッパの雰囲気が好きな人はぜひ訪れてみてください。

 

 

-執筆者の紹介-

西野けいすけ西野けいすけ さん

「嫁と東京都内の結婚式場を探し回った感想を本音でつづるブログ」を運営中。プレ花嫁さんに損しないための役立つ情報を提供。現在月4.7万PV。目標は100万PV。

 プロフィールURL

 

 

マドリードからセゴビアへの日帰り観光ツアーも多数用意されています。

個人で行くのは不安!という人は、ツアー利用も考えてみてください♪

 



スポンサーリンク


スポンサーリンク






どこに行こう?と思ったら
タウンライフ旅さがし

「タウンライフ旅さがし」は完全無料の海外旅行プラン一括依頼サイトです。海外旅行のプロがあなただけのオリジナルプランを提案します!

\私も依頼してみました/

>>ドイツ旅行プランの提案依頼の流れを見てみる