※記事内に商品プロモーションを含む場合があります

海外在住者がもらって本当に嬉しかった日本のお土産6選|ドイツ在住者おすすめ

お土産



今度海外在住の友達に会いに行くけどお土産って何がいいだろう?

今度の出張先で駐在中の後輩と会うことになった。折角だし何かお土産でも買っていきたいけど何がいいだろう。

海外に住んでいる家族、友達、仕事関係の人に会いに行くときは折角なので何かお土産を!と思う人は多いのではないでしょうか。

そんな時、自分も海外生活経験者なら貰って嬉しかったものが思い浮かびますが、海外生活をしたことがない場合、どんなものを贈ったら喜んでもらえるかなかなか決められないこともありますよね。

実際、海外に住んでいた経験からいうと貰う側としては日本のものなら何でも嬉しいのですが、贈る側としては何かしら海外生活経験者の意見を聞きたい人もいると思います。

そこで、この記事ではドイツ生活中、私が実際に貰って特に嬉しかったお土産を6つ紹介したいと思います。

佃煮

個人的に貰って一番嬉しかったのは佃煮です。

佃煮なら自分でも作れるのですが、やっぱり売り物は別格。

特に我が家は夫が和食が好きで基本的に家での食事は和食だったので、あっという間になくなりました。

白米と佃煮の組み合わせってなんでこんなに美味しいんですかね。。

ふわふわ(柔らかい)系のお菓子

こちらは好みにもよると思いますが、実は私、ふわふわ系の柔らかいお菓子が大好きで・・・

仕事をしていたとき、ほぼ毎日のようにコンビニで買っていたのはふわふわスフレもちぷよ

お菓子ではないですが、この菓子パンも大好きです。

cheesecake

つまり、ふわふわ・もちもちした食感が好きなのですが、ドイツにあるものはとにかくすべてが固い!!

パンも基本固めです。

ケーキもずっしりとしたケーキが多く、日本ではケーキと言えば定番のふわふわしたスポンジのショートケーキとかもありません。

なので、ふわふわしたお菓子をもらった時は心の中で泣いて喜びました。

ふわふわまではいかなくても、柔らかい系、しっとり系、例えば月化粧とかも嬉しいです。

ちなみに一度友達が一時帰国したときのお土産で博多通りもんをもらいましたが、それもすごく嬉しかったです。

賞味期限の短いお菓子

お土産としては賞味期限が短いお菓子も嬉しいです。

ドイツ、特にデュッセルドルフでは日系スーパーも多く日本のお菓子もある程度は手に入りやすいのですが、やっぱり賞味期限が短いものはなかなか手に入らないんですよね。

私は母がドイツに遊びにきた時にどら焼き(賞味期限5日くらいのもの)を持ってきてくれたのですが、もう本当に美味しくて美味しくて・・・!

カステラなんかももらったら嬉しいと思います。

お菓子については普段スナック菓子をよく食べている人にはスナック菓子の方が喜ばれるかもしれないので、その人が普段どんなお菓子を食べているかリサーチしてからお土産を選べば特に喜んでもらえるのではないでしょうか。

ただし、ポテトチップスなどの場合は飛行機の気圧の関係でスーツケースを開けたらお菓子の袋が破けて中身が散らばっていて大変だったという話も聞いたことがあるので、気圧の変化でも破れない包装のものを選ぶようにしましょう。

サランラップ

created by Rinker
サランラップ
¥389 (2024/04/17 05:04:41時点 Amazon調べ-詳細)

日用品系では、特にサランラップを持ってきてくれると嬉しかったです。

ドイツにももちろんサランラップを買えるのですが、切れ味に問題があり・・・

普段、日本のサランラップを使い慣れている私たちからすると、あんなに永遠に切れないサランラップがこの世にあるのかと驚くくらいです。

もちろん渡独前に購入したり一時帰国のときに追加で購入したりしていたのですが、サランラップって結構重いんですよね。。

一時帰国のときには買いたいものが多すぎて荷物の重量との闘いなのですが、最悪ドイツでも(切れ味の悪い)サランラップが買えると思うと、我が家の場合サランラップは結構優先順位が下がってしまい。。

我が家は、私の母がドイツに遊びにきたときにお願いしてサランラップを2本ほど持ってきてもらいました。

缶詰(カニ缶、魚系など)

created by Rinker
マルハニチロ
¥2,436 (2024/04/17 05:04:42時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは私の友達がドイツに遊びにきた時にお土産で持ってきてくれて嬉しかったものです。

あまり普段自分で缶詰を買うことってないのですが、普段自分で買わないからこそお土産でカニ缶などをもらうと嬉しく感じます。

日本は美味しい缶詰が豊富なので、同じものをどっさり!より色々な種類のものがあるとバラエティに富んで選ぶ方ももらう方も楽しいかなと思います。

パスタソース

もう、これはですね、いくらあっても足りないです。(我が家の場合)

ドイツでは、パスタはいくらでも手に入るのですが、このようなパスタソースはありません。

パスタソースはもちろん売っているのですが、それじゃない感がすごいです。

なので我が家は渡独前も一時帰国時も毎回20食分(2人前×10)ほど購入していたのですが、1人10食分なんてあっという間になくなります。

我が家では、週末のお昼や平日の私のお昼ご飯でよく使っていたのですが、例えば毎週土曜日のお昼をパスタにしたら2か月と半月くらいで20食分なくなってしまいます。

自分でソースから作ればいいんですけどね、、毎日ご飯作ってるのに、パスタのときくらい楽したい・・・!

ということで、我が家ではパスタソースを貰うと泣いて喜びました。

まとめ:海外在住者がもらって嬉しかった日本のお土産6選

ここまで、海外在住者がもらって本当に嬉しかった日本のお土産6選を紹介してきました。

ドイツ生活で私が実際にもらって嬉しかったお土産は以下の6つです。

  • 佃煮
  • ふわふわ(柔らかい)系のお菓子
  • 賞味期限の短いお菓子
  • サランラップ
  • 缶詰
  • パスタソース

とは言っても、実際、日本のものを貰ったらなんでも嬉しいと思います。

特に嬉しかった6つを紹介したけど、私も日本のものならなんでも嬉しかったよ。

貰う側としては貰えるだけ有難い!何でも嬉しい!のですが、お土産を渡す側はやっぱり特に喜んでもらえるものを贈りたいと思ってしまいますよね。

完全主観での6選の紹介ですが、夫にも聞いてみたところ、大体同じような感じだったのでそこまでハズレはないかなと思います。

海外在住者へのお土産で悩んでいる方は、一海外在住者の意見として参考にしてみてください。

関連記事