2dayロンドン・パスを使ってみた!実際に回ったルートと感想

ロンドンのタワー・ブリッジ




 

先日、ロンドン旅行へ行った際、2dayロンドン・パスを利用して観光スポットをまわりました。

ロンドンは無料の博物館などが多くお金をかけなくても楽しめますが、世界遺産など有名な観光スポットを見学する場合、一つ一つの入場料がとても高いので、個別に入場券を購入するとかなりの出費になってしまいます。

 

ロンドン・パスを持っているとほとんどの有名な観光スポットに無料で入場できるため、ロンドン観光にロンソン・パスは欠かせません。

このページでは

 

 

  • ロンドン・パスについて
  • お得な購入方法
  • 実際にまわったルートと感想
  • ロンドン・パス利用時の注意点

 

 

を紹介していきます。

 


ロンドン・パスって?

 

ロンドン・パスは80か所以上の観光スポットやツアーが無料または割引で入場・参加できるチケットです。

観光スポットへの入場だけでなく、ホップオン・ホップオフバスやテムズ川ボートクルーズなどが対象になっているのがとても魅力的です。

 

また、一部の施設については優先入場にも対応していますので、ハイシーズン中は特に重宝するチケットになります。

ロンドン・パスには1day/2day/3day/6day/10dayと5種類あり、それぞれの料金については以下のとおりです。(2019年11月現在)

パス種類料金(大人)1日あたり
1day75£75£
2day99£49,50£
3day125£42£
6day169£28£
10day199£19,90£

 

ロンドン・パスをお得に購入

 

ロンドン・パスの購入には以下の4つの方法があります。

 

 

  • 公式サイトから購入
  • kkdayで購入
  • ベルトラで購入
  • 現地で直接購入

 

 

私はkkdayという現地ツアー販売会社からロンドン・パスを購入しました。

kkdayは台湾の会社なのですが、2014年創業以来世界10か国に拠点を持っている現地ツアー会社です。

 

調べたところ、2019年11月現在、各サイトの1dayロンドン・パスの販売価格は以下のとおりです。

 

 

  • 公式サイト 75£(≒10,500円)
  • kkday 67,50£(≒8,600円)
  • ベルトラ 75£(≒10,500円)

 

 

公式サイトやベルトラも時々セールが開催されていますが、kkdayはセールは関係なく圧倒的に安いです。

kkdayは台湾の会社ですが日本語でも購入でき、価格がとても魅力的で私はkkdayから購入しました。

 

また、kkdayで購入した場合モバイルチケットになりますので、当日は印刷不要で携帯の画面を見せて使用することができます。

 

>>kkdayのロンドン・パス購入はこちらから可能です

 

スポンサーリンク

2dayロンドン・パスを実際に使ってまわったルート

 

今回のロンドン旅行では、2dayロンドン・パスを使って色々観光してきたので私が実際にまわったルートを紹介していきます。

 

 

1日目

  • 旧王立グリニッジ天文台
  • セント・ポール大聖堂
  • ホップオン・ホップオフバス
  • シャード展望台

2日目

  • タワー・ブリッジ
  • ロンドン塔

 

 

また、実際にまわって感じた各スポットごとの所要時間目安も記載しているので参考にしてみてください。

 

1日目

 

私が1日目にロンドン・パスを利用した施設は

 

 

  • 旧王立グリニッジ天文台
  • セント・ポール大聖堂
  • ホップオン・ホップオフバス
  • シャード展望台

 

 

の4か所です。

 

旧王立グリニッジ天文台

旧王立天文台からの眺望

 

私はドイツ(デュッセルドルフ)から早朝フライトでロンドンに到着し、初日と翌日の2日間でロンドン・パスを使用しました。

 

初日は到着後、ホテルに荷物を置いてそのままグリニッジへ。

グリニッジの一番の目的はもちろん、グリニッジ天文台です!

グリニッジ天文台へ行ったときの詳しい様子は「ロンドン旅行記1日目」を参考にしてみてください。

 

グリニッジはその他、カティサーク号の中の博物館(通常入場料15£)や旧王立海軍大学のシスティーナ礼拝堂(通常入場料12£)がロンドン・パスの対象になっています。

これらのスポットにも入場し、さらにクイーンズ・ハウスや国立海事博物館なども見学する場合は半日~と時間が必要です。

 

所在地:Blackheath Ave, Greenwich, London SE10 8XJ

通常入場料:16£(オンライン14.40£)

営業時間:

5月~6月 10:00 – 17:30(最終入場17:00)

7月~8月 10:00 – 18:00(最終入場17:30)

9月~4月 10:00 – 17:00(最終入場16:30)

所要時間目安:1時間(天文台のみ)、グリニッジの他のスポットも回る場合は半日~

公式サイト:Royal Observatory | Visit Royal Museums Greenwich | UNESCO World Heritage Site In London

 

セント・ポール大聖堂

 

グリニッジからロンドン市内に戻った後、まずはセント・ポール大聖堂へ。

セント・ポール大聖堂へ行ったときの詳しい様子は「ロンドン旅行記1日目」を参考にしてみてください。

 

セント・ポール大聖堂内では音声ガイドが無料でレンタル可能で、日本語もありました。

内部は地下、1階~3階と階数が分かれていて、2階および3階は展望テラスになっていてロンドン市内を一望することができます。

地下から外に出ることができるので、1階→2階→3階→地下とまわるのがおすすめです。

 

所在地:St Paul’s Cathedral, St Paul’s Churchyard, London, EC4M 8AD

通常入場料:20£(オンライン17£、当日オンラインは20£)

営業時間:8:30 – 16:30(最終入場16:00)

所要時間目安:1時間半(音声ガイドをすべて聞いてじっくり見学する場合は2時間~3時間)

公式サイト:Home – St Paul’s Cathedral

 

ホップオン・ホップオフバス

ロンドンのホップオン・ホップオフバス

 

セント・ポール大聖堂見学後は、ホップオン・ホップオフバスに乗車し、ロンドンの街並みを観光しました。

ホップオン・ホップオフバスは乗り降り自由な、ロンドン市内の各スポットを順に回ってくれるバスで、音声ガイドもついているのが特徴です。

 

有名なスポットは大体カバーされているため観光時の移動手段にもなり得ますが、個人的には移動手段としてではなく”乗って街並みを楽しむ”という利用方法がおすすめです。(理由は後述します)

 

また、ロンドン・パスが使えるホップオン・ホップオフバスはいくつか種類があり、バスによっては日本語音声ガイドがついていないものもあります。

上記写真のように日本の国旗マークのあるバスが日本語音声ガイドのあるバスになりますので、音声ガイドを利用したい場合は乗る際注意するようにしてください。

 

ホップオン・ホップオフバスに乗車ときの詳しい様子は「ロンドン旅行記1日目」を参考にしてみてください。

 

通常入場料:34£

営業時間:9:00 – 17:00(細かい時間は各ルートにより異なります)

所要時間目安:1時間~2時間半(各ルートにより異なります)

バスルートマップ:Golden Tours HoHo Map 2019

 

シャード展望台

 

ホップオン・ホップオフバスでロンドン市内の街並みを満喫した後はいったん夕食をとり、その後、ザ・シャードの展望台へ行きました。

シャード展望台はロンドン・パスの対象施設の中では一番入場料が高く、展望台からの眺めはとても美しいのでロンドン・パスを持っているなら必ず行ってほしいスポットです。

 

天気のいい日は昼間に行くのもいいですが、その場合は当日の天気を見てからスケジュールを組みなおす必要がでてきます。

そのため、事前にきっちりスケジュールを立ててしまいたい!という場合は天気に左右されず眺望が楽しめる夜に訪問するのがおすすめです。

 

展望台にはバーもあり、タイミングがいいとガラス窓の前のソファ席に座ってお酒を楽しみながらロンドンの夜景を見ることができます。

シャード展望台へ行ったときの詳しい様子は「ロンドン旅行記1日目」を参考にしてみてください。

 

所在地:32 London Bridge Street, London, SE1 9SG

通常入場料:32£

営業時間:10:00 – 22:00(最終入場21:00)

※各日にちごとの詳しい営業時間はこちらから確認できます。

所要時間目安:1時間(バーの利用は含まない)

公式サイト:Home – The View from The Shard

 

2日目

 

2日目にロンドン・パスを利用した施設は

 

 

  • タワー・ブリッジ
  • ロンドン塔

 

 

の2か所です。

私はロンドン・パスを使い倒す!というよりは、やりたいことを優先させたので2日目はこの2か所しかまわっていません。

この2か所だけだと半日もあれば十分なので、丸1日使ってロンドン・パスを使い倒す!という場合はどのスポットを回るかにもよりますが、+3~4か所まわれると思います。

 

タワー・ブリッジ

ロンドンのタワー・ブリッジ

 

2日目は朝食後、朝一でタワー・ブリッジへ向かいました。

本当はウェストミンスター寺院を見学する予定だったのですが、事前のリサーチ不足でまさかの特別イベントのため休館・・・

 

ロンドン・パスがあると、このような想定外のことが起こっても「じゃあ別のところを回ろう」と柔軟にスケジュール変更ができるのでとても便利ですね。

 

タワー・ブリッジの中は博物館になっています。

私たちは普段からあまり展示物をじっくり読むタイプではないので、所要時間は1時間ほどでした。

展示物をちゃんと読んでじっくり見学する場合は2~3時間必要になってくると思います。

 

所在地:Tower Bridge Road, London, SE1 2UP

通常入場料:9.80£

営業時間:9:30 – 17:00

※12月24日~12月26日は休業。1月1日は10:00から営業開始。

所要時間目安:1時間(展示物をちゃんと読んでじっくり見学する場合は2~3時間)

公式サイト:Tower Bridge, London’s Defining Landmark

 

ロンドン塔

 

タワー・ブリッジの見学後はロンドン塔へ。

タワー・ブリッジとロンドン塔は徒歩5分ほどの距離にあるので、3時間~半日まとまった時間がとれる場合はセットで見学すると、効率よく観光できます。

 

また、ロンドン塔は敷地内がとても広く、敷地内すべてを回る場合は3~4時間みておく必要があります。

私たちはBattlements、Crown Jewels、White Towerの3か所見て、所要時間は1時間半程度でした。

 

Crown Jewelsが特に人気で、11月の時点で15分ほど入場まで並んだので、ハイシーズン中はなるべく営業開始直後を目指して訪れることをおすすめします。

 

所在地:Tower of London, London, EC3N 4AB

通常入場料:27.50£

営業時間:

3/1~10/31 9:00 – 17:30(最終入場17:00)

11/1~2/29 9:00 – 16:30(最終入場16:00)

※日・月は10:00から営業開始

※12月24日~26日、1月1日は休業

所要時間目安:1時間半(Battlements、Crown Jewels、White Towerのみ)、敷地内をすべて回る場合は3時間~4時間

公式サイト:Tower of London | Historic Royal Palaces

 

ロンドン・パスを使った感想および使用時の注意点

 

移動時間や見学の所要時間について事前のリサーチ不足ということもあり、思った通りに観光できなかった部分もありますが、今回ロンドン・パスを利用してとてもよかったと感じています。

 

ロンドンにはまた行きたいと思っていますが、そのときもまたロンドン・パスを購入する予定です。

 

ロンドン観光にはロンドン・パスは必須!

 

今回、ロンドン・パス2日券を実際に使ってみて、どれだけお得にまわれたか計算してみます。

 

 

  • 通常入場料合計 16+20+34+32+9.80+27.50=139.30£
  • 2dayロンドン・パス 89.00£(kkdayで購入の場合)
  • いくら分お得か 139.30-89.00=50.30£

 

 

2日券でまさかの6か所という、なんともやる気のない使い方をしていますが、それでも50£(≒7,000円)ほどお得にまわることができました。

 

ロンドン・パスには利用可能な総額上限があり、2日券の場合275£まで利用可能となっています。

もし上限275£ぎりぎりまで使ったとしたら、275£-89£=186£(≒26,000円)ほどお得にまわれてしまうということですね!

 

ロンドンは一つ一つのスポット入場料がかなり高く、100£くらいであればすぐに超えてしまいます。

ロンドン旅行で観光スポットを色々巡りたい!という人は、ぜひロンドン・パスを利用してみてください。

 

オイスターカードとの併用がおすすめ

 

ロンドン・パスには今回私が利用したホップオン・ホップオフバスや、今回私は利用していないテムズ川ボートクルーズなど、観光時の移動手段にもなり得るものが含まれています。

しかし、ホップオン・ホップオフバスを実際に使ってみた感想としては、以下の理由で”移動手段”としての利用はあまりおすすめできません

 

 

  • バスなので渋滞の影響を受けやすく時間が正確でない
  • スポット-スポット間しか移動できない
  • ボートクルーズはバスより更に停車駅が限定される
  • 鉄道より時間がかかる

 

 

そのため、ホップオン・ホップオフバスやテムズ川ボートクルーズなどは移動手段としてではなく、”街並みを見るための乗り物”として利用して、観光時の移動手段としてはオイスターカードを利用するようにしましょう。

私たちは旅行の際、google mapを愛用しているのですが、ホップオン・ホップオフバスやテムズ川ボートクルーズはgoogle mapでは表示されないため、乗り場を探すのも結構大変でした。。

 

他の予定はなるべく別日に

 

私たちは今回、ロンドン・パスを使い倒すというよりは自分たちのやりたいこと(アフタヌーンティーやミュージカル鑑賞)を優先させてしまったため、そこまでロンドン・パスを使い倒したわけではありません。

 

さくさく観光できればいいのですが、ロンドン・パス対象施設はゆっくり観光すると結構時間がかかるスポットが多く、移動にも結構時間がかかります。

それでも、トータルで50£ほどはお得だったのですが・・・

 

アフタヌーンティーやミュージカル鑑賞を別日にすれば、2日目の午後が丸々空いたので、もっとロンドン・パスを活用して更にお得に観光できたと思います。

そのため、旅行の目的にもよりますがとにかくロンドン・パスを使い倒したい!!という場合は、ロンドン・パスを使う予定の日は他の予定を入れないようにするのがおすすめです。

 

このページではロンドン・パスを使用したスポットを紹介しましたが、旅行記でもそのときの様子を詳しく紹介しています。

よければ見てみてください。

 

 

あなたにおすすめ



ロンドンのタワー・ブリッジ


どこに行こう?と思ったら
タウンライフ旅さがし

「タウンライフ旅さがし」は完全無料の海外旅行プラン一括依頼サイトです。海外旅行のプロがあなただけのオリジナルプランを提案します!

\私も依頼してみました/

>>ドイツ旅行プランの提案依頼の流れを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です