フランス祭inデュッセルドルフ【2019年日程は7月5日~7日】

デュッセルドルフのフランス祭

デュッセルドルフでは、毎年7月に「フランス祭(Düsseldorfer Frankreichfest)」が開催されます。

2019年も7月に開催が予定されています。

そこで、昨年のフランス祭の様子を紹介したいと思います♪


フランス祭基本情報

 

2019年日程:7月5日~7月7日

開催場所:Burgplatz, Rheinuferpromenade

情報サイト:Düsseldorfer Frankreichfest

100店舗近くの屋台がライン川沿いにずらーっと並び、フランスの名物がたくさん!

中にはベルギービールのお店などもあり、フランスだけでなくヨーロッパ各国の名物も出揃っています。

フランス祭の見どころ

デュッセルドルフのフランス祭

 

こんな感じで、お店が道なりにずら〜っと並びます。

100店舗くらいあったかな?

私たちのお気に入りだったお店はココ!ベルギービールのお店です♪

 

デュッセルドルフのフランス祭

 

ここの、Kirschbierが最高に美味しくて美味しくて美味しくて(*‘∀‘)

 

デュッセルドルフのフランス祭

 

Kirschbierはサクランボ果汁の入ったフルーツビールです。

オランダ語では「Kriek(クリーク)」。

人生初のベルギー産チェリービールに見事はまった私たち夫婦。

Neuzeller Kirschbierというドイツ産のデザートビールがあるという情報を嗅ぎつけ、ドイツで探し回ったのですが・・・

見つかりませんでした(;・∀・)

こちらはチーズ屋さんです。

 

デュッセルドルフのフランス祭

 

チーズ屋さんは試食ができるところも多いので、チーズ好きな方はぜひこの機会に色々試してみてください♪

そして、インスタ映え狙ってるのかな?というくらいキラキラしたお酒屋さん。

 

デュッセルドルフのフランス祭

 

同じような店舗が5店舗くらいありました。

やっぱりお酒は人気ですね~

そしてこちらはクレープです。

 

デュッセルドルフのフランス祭

 

日本のクレープと比べるとなんとも味気ないですが、ヨーロッパのクレープはこれが主流なんだそう。

イタリアで食べたクレープも同じような感じだったような・・・?

私たちはクレープ生地にチョコレートを塗ったものをオーダーしました(*‘∀‘)

うん、こういうシンプルなクレープもいいかもしれません。

他にも、定番のホットドッグ、フライドポテト、そして1mくらいありそうな長さのお肉の串焼きなどもありました。

 

デュッセルドルフのフランス祭

 

フランス祭ということで、もちろんフランスといえば!のマカロンのお店もありました♪

人が少ないときを狙うなら、断然平日の5日(金)がおすすめです。

ただ、デュッセルドルフは人口がそんなに多いわけではなく、東京のフェスティバルとかと比べると週末でも全然余裕をもって楽しめます。

1時間待ち!!2時間待ち!!なんて基本的にはありません(/・ω・)/

タイミングが合えばテラス席も全然座れますし、食べ物をつまみながら軽く1杯とかならみんな立ちで楽しんでいます。

7月にデュッセルドルフに来る予定の方は、ぜひタイミングがあえばフランス祭行ってみてください♪



スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です