【旅行記】ウィーン・ホーフブルク王宮&オクトーバーフェスト編|夫婦2人旅最終日

ウィーンの風景




先日、4泊5日でチェコ&オーストリア周遊旅行へ行ってきました。

 

 

***旅行日程***

 

1日目 プラハ旧市街散策

2日目 プラハ城&カレル橋

3日目 ウィーン・モーツアルトオーケストラ鑑賞

4日目 ウィーン旧市街&王宮周辺散策

5日目 ホーフブルク王宮観光

 

 

ウィーン最終日はまず午前中にホーフブルク王宮を見学し、午後はオクトーバーフェストへ行ってきました。

ホーフブルク王宮は日本語の音声ガイドがあり、とっても詳しい解説なので想像以上に楽しんでしまいました。時間が足りなかった・・・!

ウィーンは全体的に大満足で、もう1回来たいねと夫と話してます。

 


【旅行記】ウィーン・ホーフブルク王宮&オクトーバーフェスト

 

ウィーンの朝食はいくつか事前に調べていたので、今日は昨日予約で満席で行けなかったカフェに・・・と思っていたのですが。。

2人とも、昨日のカフェ「The Guesthouse Brasserie & Bakery」が気に入りすぎて2日連続でお邪魔することに!

 

今日も予約で満席でカウンターしか空いてないかな?と思っていたのですが、開店時間ちょうどに行ったらテーブル席に案内してもらえました。

 

「The Guesthouse Brasserie & Bakery」の内装

 

2回目ですがやっぱり店内はとってもオシャレ♪

こんなカフェがデュッセルドルフにあったら毎週通うんだけどな~(/・ω・)/

 

「The Guesthouse Brasserie & Bakery」のメニュー一例

 

昨日はエッグベネディクト(ハム)にしたので、今日はメニュー変えてエッグベネディクト(ほうれん草)をオーダー。

このほうれん草の塩加減が絶妙で、卵が主役のはずがほうれん草美味しすぎ!!!と感動してしまいました。

 

「The Guesthouse Brasserie & Bakery」のメニュー一例

 

こちらはブルーベリーのフレンチトースト。

昨日はマロンとピーナツバターのフレンチトーストだったのですが、こちらも今日は種類を変えてみました。

 

チョコレートクリームがとっても濃厚な甘さでペロリと食べてしまいました。

ただ、夫いわく”チョコレートが甘すぎて、昨日のマロンとピーナツバターの方が美味しい”そうなので、甘党でない人はこのブルーベリーのフレンチトーストは甘すぎに感じてしまいかもしれないです。。

 

朝食でお腹を満たしたら、まずはシュテファン寺院へ。

シュテファン寺院は行く予定ではなかったのですが、運よく快晴だったのでホーフブルク王宮へ行く前に北塔にのぼります!

 

シュテファン大聖堂外観

 

やっぱり晴れてると写真映えしますね~(*‘∀‘)

 

ミサをやっていたのですが、シュテファン寺院の入口から入って左脇を歩いて北塔のチケット売り場まで行くことができました。

北塔は一人6€で、エレベーターでのぼることができます。

 

シュテファン大聖堂北塔からの景色

 

北塔からはシュテファン寺院の可愛いモザイク屋根がこんなに間近に。

 

実際はこんな感じで網越しの景色ですが(;・∀・)

 

シュテファン大聖堂北塔からの景色

 

北塔のテラスはぐるりと1周できるようになっています。

 

シュテファン大聖堂北塔からの景色

 

こう見ると、上からの景色はプラハの方が色が統一されていて断然キレイですね。

 

ウィーンの風景

 

朝一だったのでそこまで人が多くなく、気持ちよくお散歩ができました。

 

そして、ホーフブルク王宮へ到着!

 

ホーフブルク王宮とミヒャエル広場

 

ホーフブルク王宮外観

 

ミヒャエル宮の前には馬車が止まっていてなんとも絵になります。

 

ホーフブルク王宮フランツ1世像

 

ミヒャエル門を通ると、フランツ1世像の立つ中庭が。ここを左手に進むとウィーン国立図書館があります。

 

世界で最も美しいといわれる図書館の一つであるウィーンの国立図書館。

人が少ない時間帯に写真を撮りたかったので営業開始時間(10時)の5分前くらいからチケット売り場に並びました。

 

ウィーン国立図書館の入口

 

こちらがウィーン国立図書館の入口です。入口前にはヨーゼフ2世の像が立っています。

5分前くらいに着いたのですが、チケット売り場には既に人が並んでいて2組目でした。

 

ウィーン国立図書館の入口

 

チケット購入後、こちらの入口を入って階段をのぼると図書館があります。

我先に!!!と階段をのぼる私たち夫婦(/・ω・)/

 

ウィーン国立図書館

 

誰もいない写真を撮ることに成功!!

 

ウィーン国立図書館

 

奥にすすんでみると、中央にカール6世の像が佇んでいます。

それにしても、カール6世の像の周りだけ輝きすぎのような・・・

 

上を見上げるとドーム天井には8つの丸窓が。

 

ウィーン国立図書館

 

ここから陽の光が差し込み、カール6世を照らしていたんですね~

 

ウィーン国立図書館

 

とってもキレイな図書館なのですが、通路左右にはこのような展示品がずらりと並んでおり・・・

この展示品があることで折角の図書館がなんだか安っぽく感じられます。。

 

コインブラの図書館の方が神聖な感じがしました。

 

ひととおり図書館を見た後は旧王宮へ。

 

旧王宮のチケットでは、

  • シシィ・ミュージアム
  • 銀器コレクション
  • 皇帝の部屋

の3館が見学できます。

 

ホーフブルク王宮の旧王宮入口

 

入口で日本語の音声ガイドを受け取り、見学スタート。

まずは銀器コレクションです。

 

ホーフブルク王宮・銀器コレクション

 

ハプスブルク家が所有していて当時実際に使われていた銀器がずらりと並んでいて見ごたえがあります。

 

ホーフブルク王宮・銀器コレクション

 

展示品の中には、国賓を迎える公式ディナーセットやマリア・テレジア時代のものまで揃っていました。

 

この後見学したシシィ・ミュージアムと皇帝の部屋は残念ながら写真撮影禁止でした。

シシィ・ミュージアムではシシィの一生を詳しく音声ガイドが説明してくれてとても興味深かったです。

 

皇帝の部屋といわれていますがエリザベート皇后のサロンや寝室なども見学することができてその豪華さには圧倒されました。

全体で2時間ほどを予定していたので、じっくり音声ガイドを聞くには時間が足りず・・・

 

実際に行くまではそんなに時間もかからないだろうと思っていたのですが(;・∀・)

音声ガイドをきちんと全部聞いて、じっくり各部屋を見学する場合は3~4時間みておくのがオススメです。

 

2時間で終わらせるために途中結構飛ばしたところもあるので、心残りすぎてもう1回行ってもいいくらい・・・!

 

と、後悔しても遅いのでとりあえず予定していたオクトーバーフェストへ。

ウィーンのオクトーバーフェストは、ウィーン2区のプラーターで開催されています。

 

ウィーンのオクトーバーフェストの入口

 

巨大な観覧車もあり、なにやらにぎやかな雰囲気。

 

ウィーンのオクトーバーフェスト地図

 

こちらは会場の地図です。

大きなテントが3つほど、そして屋台もたくさん設置されています。

 

一番大きいテントへ行ってみると・・・

 

ウィーンのオクトーバーフェスト

 

ちょうどお昼時だったからか、中はたくさんの人が。

 

ウィーンのオクトーバーフェスト

 

テント中央では生演奏も行われていました。

ドイツではまだオクトーバーフェストに行けてないのですが、オクトーバーフェスト感がひしひしと伝わってきます。

 

ビールを頼もうとして驚いたのが、オクトーバーフェストって1リットルのビールしか基本は売られてないんですね(;・∀・)

 

ウィーンのオクトーバーフェスト

 

1リットルビールとソーセージを頼んで2人でシェアしました。

ヨーロッパの人はもちろん1人1杯、1リットルビールをオーダーしています。

 

彼らの胃袋はどうなっているのでしょうか(/・ω・)/

さすがのヨーロッパ人も飲むのは1杯だけなのかな?まさか1リットルビールを1人で2杯も3杯も飲むのかしら。。

 

謎は深まりますがとりあえずビールは美味しかったです。

 

ちなみに、オクトーバーフェストでもシュトゥルムを発見!!

 

ウィーンのオクトーバーフェストにあったシュトゥルムの屋台

 

くいいるように見つめてたら、近くのご夫婦(地元の人かな?)が一口飲む?とすすめてくれました。

美味しかったので、発酵途中のワインにはまってる私はここでも1杯オーダーすることに♪

 

ウィーンのオクトーバーフェストで飲んだシュトゥルム

 

こちらがオクトーバーフェストの屋台でいただいたシュトゥルム。

美味しかった~(*‘∀‘)

 

先ほどのご夫婦が、容器を返したらデポジットを返してくれるよ!とわざわざ教えてくれたり。。

なんかウィーンの人親切!!

 

ビール1リットルを飲み、シュトゥルムも飲んで気分がよくなったところで、ウィーンといえば!のザッハートルテを食べるために「Café Sacher」へ。

 

「カフェ・ザッハー」の外観

 

少し並んでいましたが、15分ほどで入れました。

 

「カフェ・ザッハー」の内装

 

店内は赤を基調とした温かい雰囲気で、壁に設置されているミニシャンデリアが可愛らしいです。

 

「カフェ・ザッハー」のザッハートルテ

 

こちらがチョコレートケーキの王様とも呼ばれているほど世界的にも有名な「ザッハートルテ」。

横についている生クリームは砂糖があまり入っていない甘くないタイプのものです。

 

ザッハートルテは結構甘いという口コミが多いのですが、甘党の私たち夫婦の間では・・・

 

ザッハートルテは甘さ控えめでちょっと物足りない

 

という結論に(/・ω・)/

 

 

我こそは甘党!!という人は、ザッハートルテで物足りないと感じたときは「Café Imperial」のインペリアルトルテがおすすめです♪

 

ザッハートルテを食べて、予定していたことはほぼやり尽くしたので、このあとはお土産を探すために街をふらふら。

 

スーパーマーケット「Billa」の外観

 

「Billa」というスーパーマーケットが結構なんでも揃っているという情報をネットで見つけて、「Billa」へ。

 

スーパーマーケット「Billa」の商品一例

 

スーパーマーケット「Billa」の商品一例

 

ウィーンのお土産として有名なManner(マンナー)というウエハース、モーツアルトやシシィのチョコレートなど結構種類が揃っていました。

それぞれ街中に専門店もあるのですが、スーパーの方が安く買えることもあるので色々見てみてください!

 

ウィーンの風景

 

シュテファン寺院の前にも馬車がいたのでパシャリ。

シュテファン寺院も見納めですね~

 

最後に、かなり早いですが夕食ということで巨大シュニッツェルの有名なレストラン「Figlmüller Bäckerstraße」へ。

20:00の飛行機だったので、18:00頃には空港に着いていたいということで15:30頃お店に向かったのですが・・・

 

15:30で既に4~5組ほどの列ができていました(;・∀・)

 

レストラン「Figlmüller Bäckerstraße」の看板

 

黄色い壁に緑の看板で人だかりができているのですぐにわかります。

並んでいる間も、予約の組が何組か先に通されたり。。

 

みんな、15時16時にシュニッツェル予約ってどういうこと?(;・∀・)

 

それでも、20分~30分ほどで中に入れました。

 

メニューには「Figlmüller Schnitzel」と「Wienwe Schnitzel」などあり、どちらが目当てのシュニッツェルか分からなかったのでネットの写真を見せてオーダー。

お皿からはみでる大きさと有名なシュニッツェルは、多分「Figlmüller Schnitzel」というオリジナルの方です。

 

レストラン「Figlmüller Bäckerstraße」のウィナーシュニッツェル

 

出てきたシュニッツェルは噂通り、お皿からはみ出る大きさ!!

 

ほとんどのヨーロッパ人は老若男女問わず一人一皿こちらを頼んでいました。

アジア人ぽい人は大体数人でシェアしてたかな?

 

絶対食べきれないよね・・・と、2人でシュニッツェル一皿とサラダ一皿をシェアしたのですが、薄くて味もとっても薄いので、意外と2人でぺろっと食べてしまいました。

 

夫いわく、”お腹空いてれば一人で1枚食べられそう”とのことだったので、普段から結構食べれるという人は一人1枚いけるかもしれません。

 

それよりなにより、ドイツ料理に飽き飽きしていて、普段はシュニッツェルなんて好き好んでオーダーしない私たちなのですが。。

そんな私たちでもぺろりと食べてしまうほどこの「Figlmüller Schnitzel」は美味しかったです!!

 

今回のプラハ&ウィーン旅行、旅行に行く前はプラハの方が楽しみで、ウィーンはおまけのスタンスだったのですが。。

実際に旅行してみて、ウィーンの方が全体的に満足度高く、もう1回来たい!!と思える滞在になりました(*‘∀‘)

 

あなたにおすすめ



ウィーンの風景


どこに行こう?と思ったら
タウンライフ旅さがし

「タウンライフ旅さがし」は完全無料の海外旅行プラン一括依頼サイトです。海外旅行のプロがあなただけのオリジナルプランを提案します!

\私も依頼してみました/

>>ドイツ旅行プランの提案依頼の流れを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です